【常設展示スタート・記録集増補改訂版発売】開拓を支えた小さな鉄路「釧路・根室の簡易軌道」

「釧路・根室の簡易軌道」11月17日(土)常設展示スタート

「北海道の簡易軌道~次世代に伝える開拓遺産としての鉄路~」
2018年11月1日、簡易軌道は「北海道遺産」に選定されました

詳しくは別ウインドウで開きますこちらをご覧下さい(北海道遺産協議会のページ)


 簡易軌道は北海道のみに見られた開拓と農業を支えた鉄道(軌道)で、大正末期から1972(昭和47)年まで活躍しました。火山灰地や泥炭地などが多い北海道東部・北部では道路舗装が進むまで、融雪期に交通が不能となるため、簡易軌道がまさに開拓地の生命線であった時代が長く続きました。
 ご好評をいただいた2016年度「釧路・根室の簡易軌道」(第8回 鉄道史学会「住田奨励賞」特別賞の部 受賞)、2017年度「映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ」、この2つの簡易軌道をテーマとした企画展をもとに、新展示が博物館2階常設展示「釧路の近代」コーナーに登場します。

展示開始|2018(平成30)年11月17日(土) 午前9時30分~
開館時間|午前9時30分~午後5時
常設展入館料|大人470円 高校生250円 小中学生110円
休館日|月曜(祝日が月曜:4/1~11/3は開館、翌平日は振替休館)・11/4~3/31の祝日・12/29~1/3・館内整理日(2018年は12/13(木))
 

簡易軌道

このページの先頭へ

記録集「釧路・根室の簡易軌道」増補改訂版発売

A4判180ページ・価格:1,000円(税込)

2017年刊行の初版をもとに、その後の調査研究で得られた成果を盛り込んだ「増補改訂版」として刊行します。
ページ数も136ページから180ページに増加、OB聞き書きや図面、写真を追加、また初版掲載記事もその多くについて改訂を行いました。
(初版:2018年鉄道友の会「島秀雄記念優秀著作賞」特別部門 受賞)

《通信販売について》
◆郵便局にてお求めいただいた「定額小為替」か、現金書留にて現金を、購入希望冊子名、住所、氏名、連絡先を書いたメモと一緒に博物館宛にお送りください(お一人様10冊までとさせていただきます)。
申込書をダウンロードしてご利用いただくと便利です(別ウインドウで開きますWord別ウインドウで開きますPDF)。
《申込書・定額小為替送付先: 〒085-0822 釧路市春湖台1-7 釧路市立博物館》
 *定額小為替は購入希望額(合計金額)ちょうどのものをご用意ください。

送料着払(ゆうパケット/3冊以上はゆうパック)にてお送りします。
送料は本冊子のみの場合、1冊271円、2冊321円です(着払い手数料21円込み)。
ゆうパックの場合、着払い手数料はかかりません(郵便局持ち込みでの北海道発通常料金となります)。

別ウインドウで開きますこちらもあわせてご覧下さい。
*注文が集中した場合など、商品到着まで2~3週間ほどお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

目 次

はじめに

カラー写真でよみがえる簡易軌道*
簡易軌道のきっぷたち

簡易軌道とは*
 (旧)釧路新聞見出しでよむ戦前の「釧路・根室の殖民軌道」、ほか資料編*

鶴居村営軌道(簡易軌道雪裡線)*
 概要*・年表・車両諸元*・地図(見開き)*
 軌道があったころ(鶴居村営軌道OB・OG・郵便局職員・乗客の聞き書き)*
 「真狩線のレール・米国製機関車転用とその苦労」
 「新富士停留所16時25分」 三宅俊彦
 「鶴居村営軌道の運行停止時期について」*
 写真、図面、村広報紙・新聞記事切り抜きなど*

標茶町営軌道(簡易軌道標茶線) 
 概要*・年表・車両諸元・地図(見開き)
 軌道があったころ(標茶町営軌道OB・OGの聞き書き)*
 「沼幌の思い出」田沼建治
 写真、図面、時刻表、町広報紙・新聞記事切り抜きなど*

浜中町営軌道(簡易軌道茶内線・若松線)
 概要*・年表・車両諸元*・地図(見開き)*
 軌道があったころ(浜中町営軌道OB・OG・乗客の聞き書き)*
 「鉄道ファンとして訪れた簡易軌道の思い出」平田邦彦
 「西円朱別・菅井 弘さんの日記から」*
 「牛乳列車~浜中町営軌道のこと~」平田邦彦
 写真、図面、時刻表、町広報紙・新聞記事切り抜きなど*

別海村営軌道(簡易軌道風蓮線)
 概要*・年表*・車両諸元・地図(見開き)
 軌道があったころ(別海村営軌道OB・乗客の聞き書き)*
 「簡易軌道 最後の冬」遊佐 洋
 写真、図面、時刻表、村広報紙切り抜きなど*

釧路・根室の馬力線
 久著呂線*・阿歴内線*・仁々志別線・養老牛線

北海道内の車両メーカー
 軌道があったころ(釧路製作所OBの聞き書き)*
 「鶴居村営軌道の有蓋貨車修復について」*

論考
 「北海道殖民/簡易軌道」湯口 徹
 「殖民軌道・簡易軌道聞き書き」今井啓輔*
 「沼川、塘路、厚床の馬車軌道撮影記」金子元博*
 「『乳の道』浜中町簡易軌道と地域酪農の発展」佐々木正巳*
 「唯一無二の地域遺産をどう活かすか」名取紀之*

資料編(各資料の転載)
 「簡易軌道実態報告書」(1961年当時の簡易軌道各線の実態)
 「管理委託協定書」
 「管理方法書」(運転規則等)
 「簡易軌道__線運転規則」(ひな形)
 「標茶町簡易軌道条例」
 「○○村何々線簡易軌道の運賃に関する条例」(ひな形)
 「別海村村営簡易軌道風蓮線旅客及び貨物運送取扱細則」
 「軌条布設工事仕様書」「枕木仕様書」
 「北海道庁殖民軌道使用規程」*
 「簡易軌道事業打合せ会議事録」*

現在に残る簡易軌道遺産*

* =増補改訂版で新規追加あるいは文章加筆等を行った項目です

「釧路・根室の簡易軌道」増補改訂版

このページの先頭へ

常設展示「釧路・根室の簡易軌道」

パネル・ジオラマ・モニター ジオラマ
各軌道の写真はモニターでご覧いただけます 地元作家によるリアルな簡易軌道ジオラマ
集乳缶・制輪子 レール・きっぷ
集乳缶や制輪子(ブレーキシュー)も展示 きっぷやレールなど
 
簡易軌道の動画上映
簡易軌道に関する動画のほか、ちょっとなつかし釧路の映像もご覧いただけます
 
展示全景
展示コーナー全景(パノラマ写真)

このページの先頭へ