【博物館】2021(令和3)年度 博物館実習について

釧路市立博物館(以下、博物館)では、『博物館法施行規則』第二条に基づく学芸員資格取得のための博物館実習を、以下の条件で実施します。

※定員に達したため受付を締切りました。
 

実習対象者

学芸員資格取得を目指し、博物館実習以外の学芸員取得科目の単位を取得済みもしくは取得見込みであり、下記に定めた実習期間において、すべて出席可能な大学生および大学院生を対象とします。

このページの先頭へ

定員

5名。

このページの先頭へ

実習期間

2021(令和3)年8月27日(金)~9月3日(金)、8時50分~17時20分
ただし、8月30日(月)は休館日のため実習を行いません。

このページの先頭へ

申込方法

以下の手順で申し込みを受け付けます。

(1)仮申込

受付期間 2021(令和3)年4月1日(木)午前9時から7月16日(金)午後5時まで
       博物館宛メールにて仮申込を受付けます。
       [申込先]E-mail:museum@city.kushiro.lg.jp

  • 「氏名」「大学名」「学部」「学年」を記入したメールを博物館宛に送信して下さい。メールの標題は「実習希望」としてください。
  • 折り返し仮申込受付の通知メールを返信します。メール送信後5日以内に通知のない場合は博物館までお問合せ下さい。
  • 受付は先着順とし、定員になり次第締切ります。

(2)実習申込書・実習希望理由書の提出

  • 仮申込受付のメール到着日から14日以内に「博物館実習申込書(様式1.大学が記入)」「実習希望理由書(様式2.実習を希望する学生が記入)」を郵送にて提出して下さい。
  • 期限までに提出されない場合、仮申込を取消すことがあります。書類の提出に時間を要する場合は予めご連絡ください。

(3)受付通知

  • 「実習申込書」「実習希望理由書」が届きましたら、大学宛に「実習受付のお知らせ」を送付します。
    この文書をもって、正式な実習申込受付となります。

このページの先頭へ

実習費

無料。ただし、材料費、交通費等の実費は実習生が負担するものとします。

このページの先頭へ

持ち物等

8月中旬までに大学及び実習生に連絡します。

【参考】2020(令和2)年度の持ち物等
大学指定の実習日誌、体温計、マスク、ノートパソコン、デジタルカメラ(スマホ可)、筆記用具、エプロン、上履き、昼食、印鑑、材料費2,000円程度。
汚れても良い服装を着用のこと。
フィールドで実習を行う日は長袖、長ズボン、帽子、歩きやすい靴を着用する。

このページの先頭へ

実習内容(予定)

(1) オリエンテーション・ガイダンス
(2) 資料の取扱い
(3) 調査研究
(4) 展示・教育普及(解説シート作成含む)
(5) 広報活動
(6) 意見交換・プレゼンテーション等
(7) その他

このページの先頭へ

備考

(1) 実習内容は変更になる場合があります。正式な内容については8月中旬頃に決定のうえ実習生及び大学に通知します。
(2) 実習中は各自の責任で博物館まで来て下さい(宿泊等の斡旋はいたしません)。
(3) 実習当日までは当館において事前の打合せ等はありません。
(4) 実習に係る謝礼等は一切不要です。
(5) 実習生への評価は大学より求められた場合のみ行います。実習の修了証・評価票などを大学に提出する必要がある場合は、事前に博物館及び大学と打合せて必要な書類を用意して下さい。
(6) 新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては実習を中止する場合があります(日程を振替えての実習は行いません)。
(7)その他、不明な点は博物館と実習生及び大学が協議して決定するものとします。

このページの先頭へ

お問合せ

ご不明な点は博物館まで電話にてお問合せください(0154-41-5809)。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

別ウインドウで開きますMicrosoft関係のダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ