【博物館】走る博物館!(くしろバス)

くしろバス車内に釧路の自然・歴史を紹介するポスターを掲出しています

博物館は今年、創立80周年を迎えることから(1936[昭和11]年7月14日創立)、記念企画展やスタンプラリーをはじめとするさまざまな催しを行っております。
その1つとして、くしろバス株式会社のご協力を得て、同社が運行する路線バスのうち、「博物館」という行き先表示を掲げて市内を運行する「100系統 イオン線」(博物館~イオン釧路~イオン昭和)に、当館が制作した釧路の自然・歴史を紹介するポスターを掲出いたします。
 
釧路の自然・歴史の素晴らしさ、また博物館が創立80周年を迎えることを乗客の皆様にお伝えするとともに、バス・鉄道など公共交通機関の利用促進へその一助となることも目的としております。
 
【枚数】 下記の計12種類(100系統で運行される3台のバスに4枚ずつ)
 
【内容】  「湿原は大きいスポンジ」(泥炭層とミズゴケ湿原)
      「ヤチボウズ(谷地坊主)」
      「村を守る神さま」(シマフクロウ)
      「エゾユキウサギ」
      「魚類展示リニューアル中」
      「クシロムカシバク」
      「ミズグモ」(80周年記念企画展「知られざる釧路湿原」)
      「エゾカオジロトンボ」
      「身近な地名」(バス停)
      「暮らしの道具」
      「開拓地を、トコトコと」(80周年記念企画展「釧路・根室の簡易軌道」)
      「石炭列車はガタンゴトン」(太平洋石炭販売輸送臨港線)
 
【期間】 6月15日(水)からおおよそ1ヶ月間
 

ポスターの例 ポスターの例

このページの先頭へ

車内の様子

くしろバス車内の様子1
 
くしろバス車内の様子2

このページの先頭へ

リンク

くしろバス株式会社 http://www.kushirobus.jp/index.html

このページの先頭へ