史跡折々、四季折々。2014年夏から冬

釧路市内にある5カ所の国史跡の四季折々をお伝えします。
季節ごとの様子や、史跡での事業のご紹介、学校など団体ご見学の様子もご紹介します。

竪穴くぼみの天然スケートリンク 2014年12月30日北斗遺跡

hokutoiseki_20141230
明後日はもう次の年。北斗遺跡に史跡パトロールへ出かけました。
hokutoiseki_20141230
竪穴のくぼみに積もった雪がじわりと解け、天然のスケートリンクになっていました。
滑るには少し狭いですが…。

このページの先頭へ

秋晴れのチャランケチャシ跡 2014年10月15日鶴ヶ岱チャランケ砦跡

charankechashi_20141015
雲一つない秋晴れの日。木々の紅葉が青空と湖面に映えます。

このページの先頭へ

史跡視察 2014年10月3日モシリヤ砦跡、東釧路貝塚

moshiriyachashi_20141003
higashikushirokaiduka_20141003
北海道埋蔵文化財センターの理事、評議員ご一行様が、モシリヤ砦跡、東釧路貝塚の視察に訪れました。

このページの先頭へ

いきいき女性講座チャシ跡見学 2014年7月18日鶴ヶ岱チャランケ砦跡

charankechashi_20140718
釧路市生涯学習センターのいきいき女性講座でチャランケ砦跡を見学に来られました。
この日のメニューはもう一つ、春採湖畔の植物の見学もあり、博物館職員が解説をしています。

このページの先頭へ

湖面を動きまわるボート 2014年6月26日鶴ヶ岱チャランケ砦跡

chrankechashi_20140626
鶴ヶ岱チャランケ砦跡の草刈中、湖岸近くを熱心に動き回るボートが見えました。博物館職員がヒブナの調査を行なっていました。

このページの先頭へ

屋根ふき後の4号住居 2014年6月22日北斗遺跡 

hokutoiseki_20140622
復元住居の屋根ふきを、ふるさと歴史の広場の指定管理者、北斗遺跡竪穴の会、埋蔵文化財調査センターが協力して実施しています。
今年度は4号住居を中心に行ないました。ふき足したヨシが黄色に輝いています。

このページの先頭へ

史跡内の植物調査 2014年5月15日鶴ヶ岱チャランケ砦跡

charankechashi_20140515
鶴ヶ岱チャランケ砦跡は春採湖畔に面しています。釧路市立博物館職員の植物担当が春採湖畔の植物相の調査のため、チャシの壕のあたりを熱心に調査していました。

このページの先頭へ