史跡折々、四季折々。2013年秋

釧路市内にある5カ所の国史跡の四季折々をお伝えします。
季節ごとの様子や、史跡での事業のご紹介、学校など団体ご見学の様子もご紹介します。

遺跡周辺に残る炭窯跡 2013年12月18日北斗遺跡

史跡北斗_20131216
遺跡周辺には大きくくぼんだ地形がぽつぽつと点在します。
「竪穴住居?」これは炭窯の跡のようです。遺跡周辺の林の主体はミズナラですが、炭焼きによる伐採や山火事の影響を受けているそうです。

このページの先頭へ

晩秋の北斗遺跡 2013年11月24日北斗遺跡

史跡北斗20131124_01
秋の低い陽光が竪穴群を照らし、四角い方形の竪穴のくぼみが陰になって浮かび上がりました。
史跡北斗20131124_02
このシーズン、復元竪穴住居の周辺ではタンチョウが営巣していたようです。よく鳴き声が聞こえ、たまに飛ぶ姿も目にすることができました。

このページの先頭へ

全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会北海道東北ブロック会議国史跡見学 2013年10月18日

史跡モシリヤ20131018
2013年10月17日と18日の両日、全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会北海道東北ブロック会議が釧路市立博物館で開催されました。
施設見学では釧路市内の国史跡を見学しました。
こちらはモシリヤチャシ跡。
史跡東釧路貝塚20131018
東釧路貝塚にて。
史跡北斗20131018
史跡展望台から北斗遺跡を眺めます。遺跡の背景には釧路湿原が広がります。

モシリヤチャシ跡は市街地の中の急崖地にあるため、一般開放しておりません。
ご見学になりたい方は、釧路市埋蔵文化財調査センターまでご連絡ください。

このページの先頭へ

阿寒高校1年生、北斗遺跡見学 2013年10月4日北斗遺跡

北斗阿寒高校見学
阿寒高校は釧路湿原の学習の一環で毎年北斗遺跡に見学に来られます。
ご見学ありがとうございました。

このページの先頭へ