【博物館】企画展「紙面で振り返る戦後・釧路~釧路新聞創刊75周年~」〔10/9-1-16〕

釧路新聞の紙面で、1950年代から昭和の終わりまで、釧路の歴史をたどります。

ポスター画像

開催要項

会期:2021年(令和3年)10月9日(土)~2022年(令和4年)1月16日(日)
休館日:毎週月曜日、11/23(火)、12/16(木)、12/29(水)~1/3(月)・1/11(火)
 
会場:釧路市立博物館マンモスホール 《入場無料》
 
主催:釧路市立博物館 釧路新聞社
共催:釧路市立博物館友の会

このページの先頭へ

【取り上げた主なできごと】
北洋漁業の再開(1952年)、炭労63日間スト(1952年)、本州製紙釧路工場開設(1959年)、釧路民衆駅供用開始(1961年)、ジャイアント馬場・アントニオ猪木来釧(1967年)、雄別炭砿閉山(1970年)、西港(第1ふ頭)完成(1974年)、五代目弊舞橋完成(1976年)、200カイリ設定(1977年)、こども博覧会開催(1977年)、国鉄石勝線開通(1981年)、イトーヨーカドー開店(1981年)、釧路市立博物館開館(1983年)、国鉄分割民営化(1987年)、釧路湿原国立公園指定(1987年)、昭和天皇崩御の日の釧路(1989年) ほか
 

会場の様子

このページの先頭へ

会場でお配りしています

配布物です

このページの先頭へ

新型コロナウイルス感染予防へのご協力をお願いいたします

ご来館の際はマスク等の着用をお願いします。
咳エチケットへのご配慮をお願いします。
博物館にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご使用ください。

 
 
博物館へご来館の皆さまへのお願い
 
新型コロナウイルス感染症について(釧路市健康推進課ホームページ)

このページの先頭へ