【博物館】企画展「昭和30年、北海道・鉄道の風景~竹中泰彦写真展~」

釧路市立博物館では、JR釧網本線「SL冬の湿原号」のシーズンにあわせ、竹中泰彦氏(鉄研三田会)が大学在学中の昭和30年前後に撮影した北海道の鉄道と風景について、雄別炭砿鉄道や釧路臨港鉄道、日甜磯分内専用鉄道など、道東各線を中心に展示する写真展を開催します。

なお会場では、JR北海道・釧路運輸車両所にて、SL運行にたずさわる鉄道マンを撮影した、写真ミニ展示「出区前・帰区後~SL冬の湿原号を支える人びと」を併催します(無料)。
 

ポスター画像

会期など

会 期:2022年(令和4年)1月22日(土)~2月27日(日)9:30~17:00
休館日:毎週月曜日、祝日(2/11〔金・建国記念の日〕、23〔水・天皇誕生日〕)

会 場:釧路市立博物館 マンモスホール 《入場無料》
 
主 催:釧路市立博物館
共 催:釧路市立博物館友の会

このページの先頭へ

こちらもぜひご覧ください(展示室入館料が必要です)

【企画展】「別ウインドウで開きます釧路のまちと人~移り変わる風景とくらし~」(12月18日(土)~2月27日(日))

【ミニ展示】別ウインドウで開きます「根室本線100年・釧網本線90年」(~2月27日(日))

【常設展示】「別ウインドウで開きます釧路・根室の簡易軌道
 

このページの先頭へ

新型コロナウイルス感染予防へのご協力をお願いいたします

ご来館の際は、マスク等の着用をお願いします。咳エチケットへのご配慮をお願いします。
博物館にアルコール消毒液を設置しておりますので、ご使用ください。

 
博物館へご来館の皆さまへのお願い
 
新型コロナウイルス感染症について(釧路市健康推進課ホームページ)

このページの先頭へ