【博物館】収蔵資料ミニ展示「寄生蜂のふしぎな世界」

寄生蜂のふしぎな世界

ハチの中でもほかの昆虫やクモなどに卵を産みつける寄生蜂は、その多様性ゆえに研究が困難な昆虫の一つです。
新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出されて博物館も休館した2020 年の春、これまで謎につつまれていた釧路産寄生蜂の調査を専門家の協力を得てはじめました。
その結果、少なくとも77種の寄生蜂が釧路にいることが分かり、2021年3月に刊行された釧路市立博物館紀要で目録を公開しました。
これを記念して、当館に寄贈された寄生蜂標本コレクションの一部を公開するとともに、博物館の標本を調べることで明らかになった釧路の寄生蜂の多様性をご紹介します。

※資料保護のため、会期中に展示標本を入れかえます。
 
会期:2021(令和3)年4月17日(土)~6月27日(日)
 
会場:釧路市立博物館常設展示室1階 【入館料が必要です】

このページの先頭へ