【博物館】ミニ展示「根室本線100年・釧網本線90年」(6/26~22/2/27)

今年は根室本線全通100周年・釧網本線全通90周年

1921(大正10)年8月5日の「根室本線」全通から100年、1931(昭和6)年9月20日の「釧網本線」全通から90年。博物館では、これらを記念し、鉄道資料を展示します。

期間は、毎年の釧網本線「SL冬の湿原号」運行シーズンに合わせて、来年2月27日(日)までを予定しています。(2階常設展示室/入館料が必要です)

*今後、「釧路臨港鉄道の会」会員ほか、鉄道愛好家の方のご協力により資料をお借りし、定期的に資料を一部入れ替える予定です。
 

ミニ展示

このページの先頭へ

日時など

期 間  2021(令和3)年6月26日(土)~2022(令和4)年2月27日(日)《休館日を除く》
会 場  釧路市立博物館 常設展示室2階(釧路の近代) 【入館料が必要です】

このページの先頭へ

郵便局の小型印(記念消印)について

JR根室本線(音別~根室:花咲線区間含む)の沿線にある30の郵便局では、「釧路~白糠開通120年」「根室本線全通100年」の小型印(記念消印)の押印を行っています(来年7月[9局]・8月[21局]まで)。
*博物館では、消印デザインや専用台紙(各局で配布)作成に協力しました

詳しくは別ウインドウで開きますこちら(Facebookページ)

このページの先頭へ