【博物館】企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」(~9/27)

サテライト展示「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録[選]~」、イオンモール釧路昭和内郵便局で開催中(~11/9〈月〉)

写真集も好評発売中!(くわしくは下記をご覧ください)
 

【博物館】企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」

旅客や貨物の輸送を一手に担い、鉄道が「陸の王者」だった昭和30~40年代。
動力近代化の中で消えゆく蒸気機関車。
鉄道マンとしてカメラマンとして、蒸気機関車を愛した国鉄釧路機関区・酒井豊隆機関士が記録した、根室本線・釧網本線など道東の国鉄各線(釧路鉄道管理局管内)、また雄別鉄道など釧路炭田の炭鉱鉄道を撮影した作品を展示します。
 

企画展「道東の鉄路」

このページの先頭へ

期間・会場

期 間:2020(令和2)年 7月11日(土)~9月27日(日) 午前9時30分~午後5時

休館日:毎週月曜(8月10日・9月21日を除く)・8月11日(火)(祝日振替)

会 場:釧路市立博物館 1階マンモスホール(無料)

このページの先頭へ

講座「出発進行!鉄道を学ぼう・鉄道で学ぼう」

釧路駅近くの幸町公園に保存されているC58で、蒸気機関車が動くしくみを学びます。その後、JR根室本線の普通列車で音別駅まで往復し、車窓から鉄道や地域産業とその歴史を学ぶとともに、音別では音別ふれあい図書館2階「郷土資料展示室」を見学します。
 
開 催 日:2020(令和2)年9月6日(日) 午前9時15分~午後1時30分【終了しました】
集  合:別ウインドウで開きます幸町公園(釧路市幸町12-1)
定  員:15名(小学生は保護者同伴)《事前申込制・お申込みが定員を超えた場合は抽選》
 
受付期間:7月11日(土)~8月15日(土) 
 
参 加 費:150円(資料・保険料/別途、JR往復運賃1,940円が必要です[小学生半額])

このページの先頭へ

【通信販売も行います】写真集(冊子)を発売します(9月19日(土)~)

未展示作品も合わせ、400点を収録した写真集「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」を刊行します。

《掲載内容》
酒井豊隆氏(国鉄釧路機関区OB)撮影の写真 400点
(旧 国鉄釧路鉄道管理局 管内各線(昭和30~40年代中心))
            根室本線・釧網本線・標津線・白糠線・池北線・士幌線・広尾線・根北線
            釧路機関区・釧路操車場・浜釧路駅/さようならSL・労働運動
            (私鉄)雄別鉄道・尺別鉄道・釧路臨港鉄道
「汽車めぐり人生暦」(酒井氏の回想/初出:釧路新聞連載・1999~2000年より抜粋)
「釧路鉄道管理局 蒸気機関車・内燃機関車 形式別配置の変遷」三宅俊彦氏(鉄道研究家)
当時資料(ダイヤ、機関車・気動車配置表、釧路機関区パンフレット)

価   格  1,200円(税込) 〔A4サイズ134ページ/うちカラー20ページ〕

販売場所  博物館窓口(開館時間内)・通信販売(下記参照)/書泉グランデ・書泉ブックタワー(東京)
発 売 日  2020(令和2)年9月19日(土)
発   行  釧路市立博物館
 

冊子

このページの先頭へ

通信販売について

郵便局の「定額小為替」「現金書留」にて、冊子代(1冊あたり1,200円)を博物館へ(〒085-0822 釧路市春湖台1-7)お送り下さい。「着払いゆうパケット」でお送りします(1冊の場合、着払い手数料込み271円)です(1梱包1kgを超える場合は、分割発送あるいは「着払いゆうパック」でお送りします)。

なお、本書「道東の鉄路」と既刊「釧路・根室の簡易軌道」のみ、1~2冊のご注文の場合は、あわせて送料(1冊:250円・2冊310円)を定額小為替や切手、現金(現金書留の場合)でお送りいただければ、発払いでお送りすることもできます。
(※冊子代金は、切手でのお支払いはできません)

*「道東の鉄路」につきましては、1回あたり10冊までの販売とさせていただきます

【詳しくは別ウインドウで開きますこちら(通販のご案内ページ)をご覧ください】

申込書をダウンロードしてご利用いただくと便利です。
  〈 別ウインドウで開きます申込書Microsoft wordファイル〉 〈別ウインドウで開きます申込書PDFファイル


《定額小為替でのご注文方法》

通信販売の方法

このページの先頭へ

撮影者プロフィール

酒井 豊隆(さかい とよたか) 1929(昭和4)年、北海道釧路市生まれ。戦時中、国鉄新鶴見機関区(神奈川県)に就職。その後、民間企業を経て1952(昭和27)年に国鉄に再度就職し、釧路機関区に機関助士、機関士として勤務。
1954(昭和29)年頃から写真を始め、全日本写真連盟や釧鉄写団に所属、1968(昭和43)年、職場の仲間と写真愛好会「SLクラブ」を結成し展覧会などを開催。元釧路市民展運営委員。撮影した鉄道写真は、釧路市立博物館と小樽市総合博物館で所蔵。

このページの先頭へ

主催など

主 催:釧路市立博物館
共 催:釧路臨港鉄道の会・釧路市立博物館友の会
協 力:小樽市総合博物館

このページの先頭へ

お願い

ご来館・ご参加にあたっては、マスクなどの着用、咳エチケット、周囲の方と十分な間隔を保つなど、新型コロナウイルス感染拡大の防止へご協力ください。館内には消毒液を設置していますので、ご利用ください。
展示・行事について、状況により期間変更・延期・中止となる場合があります。

このページの先頭へ

【サテライト展示】道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録[選]~

ご好評をいただいた展示から、一部を郵便局ロビーにて展示しております。

会 場:別ウインドウで開きますイオンモール釧路昭和内郵便局(無料)
時 間:午前9時~午後9時
期 間:2020(令和2)年10月6日(火)~11月9日(月)[無休/土・日・祝日もご覧いただけます]
主 催:イオンモール釧路昭和内郵便局・釧路市立博物館
 

会場の様子

このページの先頭へ