ミニ企画展「尺別駅と直別駅」(3/2[土]~4/7[日])

尺別駅・直別駅が果たした役割、みなさんの思い出

ダイヤ改正前日、3月15日の営業をもってJR根室本線の尺別駅・直別駅(釧路市内/旧音別町所在)が廃止となります。
昭和45(1970)年まで尺別炭砿への「尺別鉄道」が分岐し石炭輸送で賑わった尺別駅、明治40(1907)年からの歴史を持つ直別駅、この両駅の歴史を記録し後世に伝えるべく、ミニ企画展を開催いたします。

尺別駅ホーム

このページの先頭へ

日時など

日  時  2019(平成31)年3月2日(土)~4月7日(日)(入場無料)

会  場  釧路市立博物館 1階マンモスホール/音別ふれあい図書館(釧路市音別町朝日2-81)
*本展は「ミニ展示」です(期間中は企画展「写真展・あの頃の釧路」がメインとして開催中です)
*音別ふれあい図書館ではパネルのみ展示します(実物資料を除く)


時  間  博物館 9:30~17:00/音別ふれあい図書館 10:00~18:00

休館日  博物館 毎週月曜・3/21/音別ふれあい図書館 毎週月曜・3/16・3/17・3/21

主  催  釧路市立博物館
共  催  釧路臨港鉄道の会・釧路市立博物館友の会
協  力  尺別町内会

このページの先頭へ

写真・資料・思い出を集めています

両駅について残されている資料は多くないため、駅利用者や鉄道愛好家をはじめとした皆様から、関係する写真やきっぷをはじめとする資料、またかつての駅の思い出(証言)をご提供いただければと考えております。

写真は鉄道車両や駅舎・ホームだけでなく、駅前のようすや乗客などを撮影したものなど広く対象としております。博物館にてデータ化(スキャン)し、原本はご返却いたします。きっぷほか資料は展示終了までお貸しいただくか、同様にデータ化し複製を展示いたします。(撮影・所蔵者のお名前は明示し、無断で目的外使用することはございません)

思い出は、両駅に関する業務に携われた方(鉄道職員ほか)、乗客(通学・買い物など日常)・旅行者など、お話をお聞かせいただくか、文章をお寄せ下さい。

いずれもご協力いただける方は、
電話0154-41-5809/ファクス0154-42-6000/メールmuseum@city.kushiro.lg.jp
〒085-0822 釧路市春湖台1-7 釧路市立博物館「尺別駅と直別駅」(担当:石川)までお知らせ下さい。

尺別駅(1954年) 尺別駅(1954年)

このページの先頭へ