【博物館】サテライト展示「釧路を走る日本唯一の炭鉱鉄道」

サテライト展示「釧路を走る日本唯一の炭鉱鉄道」

太平洋石炭販売輸送臨港線(旧 釧路臨港鉄道) 。
春採湖岸や太平洋岸に沿って走るその姿は、釧路らしさの1つとして観光客・鉄道愛好家に人気があるだけでなく、多くの市民にも愛される存在です。
本展ではフレーム切手「釧路を走る日本唯一の炭鉱鉄道」(8月発行)の使用写真、書籍「釧路炭田 炭鉱と鉄路と」(2014年・水公舎刊)の掲載写真から、その開業から現在までのあゆみを振り返ります。

■ 普段は見ることができない、運転席からの展望映像も上映!■
(撮影:釧路市立博物館・2014年)

釧路を走る日本唯一の炭鉱鉄道

このページの先頭へ

日時・会場

日 時  2017年 10月3日(火)~31日(火) 9:00~17:00【土・日・祝日を除く】

会 場  別ウインドウで開きます釧路武佐郵便局 (釧路市武佐2-1-15・くしろバス「永住」バス停近く)
 

このページの先頭へ

主催

釧路武佐郵便局・釧路市立博物館

このページの先頭へ