(終了しました)【博物館】北の縄文パネル展2015夏・釧路開催。カックウが釧路に来ました!

北海道環境生活部くらし安全局文化・スポーツ課縄文世界遺産推進室の主催で、
「北の縄文パネル展2015夏・釧路」を開催します。
「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指した取り組みや、北海道内の遺跡群について解説します。


また、魅力ある縄文時代の出土品を撮影し続ける、写真家の小川忠博さんの作品も展示します。




開催期間・会場

開催期間 平成27年7月25日土曜日から8月30日日曜日まで
午前9時30分から午後5時まで
※最終日8月30日は午後3時まで
会場 釧路市埋蔵文化財調査センター収蔵展示室
開催期間中の休館日 7月27日、8月3日、8月10日、8月17日、8月24日


北の縄文パネル展2015ポスター

このページの先頭へ

「カックウ」も釧路に来ていました!

「カックウ」の愛称で親しまれる、函館市著保内野遺跡出土の国宝土偶(複製)も釧路にやってきました!
複製ですが露出展示にしましたので、表情や文様が存分に見て取ることができます。
8月22日から8月30日まで、ぜひカックウに会いに来てください!
※8月31日、カックウは釧路を去りました。


カックウ展示室




 

このページの先頭へ

関連事業「北の縄文セミナー」

国宝土偶「カックウ」と世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の魅力と価値について解説します。


開催日時 平成27年8月30日 日曜日 午後1時から2時30分まで
演題 「カックウから見た縄文文化の魅力と世界遺産の可能性」
会場 釧路市立博物館講堂
講師 北海道縄文世界遺産推進室特別研究員 阿部千春氏


kitanojomon_seminar
開催の様子です。

このページの先頭へ