(終了しました)【博物館】「釧路沖のクジラたち」(9/19-11/3)

全国鯨フォーラム2009開催記念特別展

クジラ展

期間 : 9月19日(土)~11月3日(火・祝) 【終了しました】

  • 会場:釧路市立博物館 2階特別展示室 (通常入館料が必要です)・1階マンモスホール(無料)
  • 時間:午前9時30分~午後5時(常設・特別展示室の最終入館は午後4時30分)
  • 主催:釧路市立博物館
  • 共催:釧路くじら協議会・さかまた組・釧路市立博物館友の会

特別展記念講演会 【終了しました】

Orca.org さかまた組主催「海へ!釧路のたからものを探す冒険 2009」

さかまた組

  • 10月31日(土)午後6時~8時
  • 場所:博物館講堂(無料) 

イルカとクジラの仲間には、音を上手に利用して生活するものがいます。

お母さんと子供、群れの仲間同士のコミュニケーションは笛を吹くような鳴き声で。餌探しの時には超音波で、こんなふうに使われる音も様々です。

彼らは、海の中でどんな音を使って生活しているのでしょう? 知られざるクジラたちの音の世界へ、さかまた組メンバーの海の動物の音博士がご案内します。

さあ一緒にでかけましょう。

お話し:赤松友成(あかまつともなり) 海洋生物音響学者

1964年 静岡県三島市生まれ。1989年 東北大学大学院理学研究科物理学科修了。
現在 独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所主任研究員。博士(農学)。専門は水中生物音響学。希少なイルカやジュゴンなどを、声を使ってみつける新しい調査を世界各地で展開。また、イルカが持っている高精度の音響探知能力を真似た、次世代の音響探知システムを開発。

  • 協力:大阪コミュニケーションアート専門学校/福岡エココミュニケーション専門学校/釧路観光ガイドの会/釧路市市民活動センターわっと/国際イルカクジラ教育リサーチセンター
  • 後援:釧路観光協会/フィッシャーマンズワーフMOO/北海道放送

この事業は、競艇の収益金による日本財団の助成を受けて実施されます。

このページの先頭へ