田川市石炭・歴史博物館=釧路市立博物館 交流企画展

祝・ユネスコ記憶遺産国内初登録(2011年5月)

山本作兵衛展

会期:2008年11月15日(土)~12月21日(日)
*毎月曜日・11/23(日・祝)・12/17(水)は休館です

  • 会場:博物館1階マンモスホール
    *マンモスホールは入場無料です

明治以降、日本の近代化を推し進めたエネルギーは石炭。釧路、空知、常磐、三池などの各炭田と共に、筑豊炭田(福岡県)は一大石炭生産地となりました。
明治・大正・昭和の筑豊炭田に生きた山本作兵衛(1891-1984)。彼が遺した炭坑記録画は、炭坑の労働と生活風景を今に伝える貴重な文化財です。それらは現在、炭坑節発祥の地としても知られる福岡県田川市の「田川市石炭・歴史博物館」に584点が所蔵されており、福岡県指定有形民俗文化財に指定されています。
田川市石炭・歴史博物館では開館25周年を記念し、11月1日から12月7日の日程で山本作兵衛に関する展示が行なわれていますが、釧路市立博物館でも「交流企画展」として、これらの炭坑記録画から約220点(複製画)を展示いたします。貴重な記録としてだけでなく、一介の坑夫が描いた素朴な絵画としての魅力にも迫ります。
また、炭鉱労働や生活風景について、産炭地同士の共通性、一方で九州と北海道、筑豊と釧路の地域性や、その背景にある歴史について考えるきっかけとなればと思います。

  • 主催:釧路市立博物館
  • 共催:別ウインドウで開きます田川市石炭・歴史博物館
  • 後援:NHK釧路放送局・西日本新聞筑豊総局・北海道新聞釧路支局・釧路新聞社

関連行事

NHKアーカイブス"筑豊の炭坑”番組上映会

11月16日(日) 13:30~15:30 <終了しました>

  • 釧路市立博物館 講堂 (入場無料)
  • 主催=NHK釧路放送局・釧路市立博物館

上映番組

  • ある人生「ぼた山よ」 (1966年)

8歳でヤマに入り、50年間にわたり炭坑で生きた山本作兵衛さんは、60歳になって絵筆をとり、肉体に染みついた地底の生活を描き続けた。その作品の世界には、炭坑の中に生きた人々の歴史が読みとれる。(25分)

  • ドキュメンタリー「坑道-片隅の100年」 (1967年)

筑豊炭田の100年の歴史。坑道を解体し封鎖する作業を縦軸に、明治以降、炭坑に生きた人々の姿を回想する。芸術祭奨励賞受賞。(50分)

パネルディスカッション

パネリスト

  • 高崎 守 氏 (太平洋炭砿管理職釧路倶楽部 前会長)
  • 皆月 昭則 氏 (釧路公立大学経済学部 准教授)
  • 井上 利秋 氏 (NHK釧路放送局長)

コーディネーター

  • 石川 孝織 (釧路市立博物館 学芸員)

司会

  • 今井温美 氏 (NHK釧路放送局 リポーター)

映画上映会・講演会

11月30日(日) 13:30~15:45 <終了しました>

  • 釧路市立博物館 講堂 (入場無料)

上映作品

映画「炭鉱に生きる」

  • 「炭鉱(ヤマ)に生きる」 (70分・2004年)

筑豊や山本作兵衛、そして炭鉱に生きた人たちを追ったドキュメント映画。語りは小沢昭一。別ウインドウで開きます映画の内容はこちら。

講演会

このページの先頭へ