(終了しました)企画展「軍艦島」消えた炭鉱集落

企画展「軍艦島」

軍艦島昭和33年 軍艦島・昭和33年

「地獄坂」 「地獄段」・昭和35年ころ

目抜き通り 連絡通路・昭和36年

写真所蔵:長崎市(転載はご遠慮ください)

長崎県・端島。

長崎港から。南西に約20km。

面積わずか0.06平方キロ。

その独特な姿から「軍艦島」と呼ばれるようになりました。

三菱鉱業高島鉱業所端島礦。

日本初の鉄筋コンクリート集合住宅、海底水道、屋上緑化・菜園…

「近未来都市」軍艦島。

石炭とともに、最盛期には5000人もの暮らしが存在しました。

昭和49(1974)年閉山、そして無人島に。

そこには、当時の生活が、あたかも時が止まったかのように残され、

「軍艦島」は、日本有数の近代化産業遺産として関心が集まっています。

稼行当時の生活や炭鉱労働について、また現在の姿について、

貴重な写真、映像、資料、模型から、その魅力に迫り、

進められているその活用について、紹介します。



そして、釧路地域にも存在する近代化産業遺産。

…それらからのメッセージを掘り起こし、

郷土の歴史を振り返ります。

  • 期間:6月7日(土)~7月6日(日) <終了しました>
  • 会場:釧路市立博物館 1階マンモスホール(企画展は入場無料です)

軍艦島ポスター2 ポストカード配布中(数量限定)

展示内容

1.軍艦島とは(解説)
2.炭鉱集落「軍艦島」(稼行当時の生活・労働写真)
3.軍艦島2007(無人島となって33年経った、現在の写真)
4.ひろがる・つながる近代化産業遺産(九州での活用例)
5.釧路の近代化産業遺産
6.映像コーナー

題名

制作

販売

制作年

上映時間

軍艦島 -forest or ruins-

オープロジェクト

日活

2004

45分

軍艦島 思い出の島"端島"を訪ねて

*稼行(操業)当時の映像です

西村暉希

非売品

1973

15分

石炭と人間の匂いを求めて

足尾研究会

非売品

2003

16分

*上映作品は、日や時間により異なります

<<企画展「軍艦島」展示解説>>

6月15日(日)

6月21日(土)

6月29日(日)

7月 5日(土)

いずれも11時・14時から(無料です)

関連情報>>>現場で学ぶ「石炭基礎講座~掘るだけでは終わらない2008」

このページの先頭へ