【博物館】埋文センター設立記念!土器の文様を写し取るカラー拓本体験をしませんか?

釧路市埋蔵文化財調査センターは、令和3年10月4日に設立から44年をむかえます。
設立記念といたしまして、カラー拓本体験を開催いたします。

拓本とは、凹凸(おうとつ)のあるものの表面の模様や文字などを紙に複写する技法のひとつで、
考古学の分野では、おもに土器の文様(もんよう)を写し取ります。
カラー拓本体験では、本物の土器のかけらの上に紙を置き、
色鉛筆でこすって文様を写し取る体験をします。

●日時 令和3年10月2日(土)
午前10時から午後3時まで
※時間内自由参加です。所要時間は20分ぐらいです。
●場所 釧路市埋蔵文化財調査センター 1階収蔵展示室
※釧路市立博物館正面向かって右側です。
●参加 参加無料です。事前のお申し込みも不要です。

【お願い】
上記時間内であればいつでもご参加できますが、
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、密集を避けるため参加時間は30分とさせていただきます。
また、混雑時には参加時間を変更させていただく場合がございますのでご了承ください。
会場内では、マスクの着用、咳エチケットなどのご協力をお願い申し上げます。



takuhon2021