【埋文センターからお知らせ】山の日にちなんで、お供え山にのぼりましょう!今年は8月10日!

釧路市埋蔵文化財調査センターでは、山の日にちなんで
釧路市街地のお山こと「お供え山」(史跡モシリヤチャシ跡)を
一般公開します。

今から270年ほど前に実在した釧路アイヌの長「トミカラアイノ」が築き、
戦いに使われたとされるお供え山にのぼって、
釧路市埋蔵文化財調査センターでは、山の日にちなんで
釧路市街地のお山こと「お供え山」(史跡モシリヤチャシ跡)を
一般公開します。

今から270年ほど前に実在した釧路アイヌの長「トミカラアイノ」が築き、
戦いに使われたとされるお供え山にのぼって、
てっぺんからの景色をながめてみませんか?

osonaeyama_noboro_2020


 

開催日時・場所

◎開催日時
令和2年8月10日(月・祝日)午前10時から午後3時まで
※時間内自由参加です。(所要時間20分程度。数分程度お待ちいただく場合があります)
※史跡内は起伏が多く、急な斜面もあります。移動の際は職員の誘導に従ってください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご参加の際はマスクの着用をお願いいたします。
 他の参加者の方との距離を十分に保つ「ソーシャルディスタンス」のご協力をお願いいたします。


◎場所
史跡釧路川流域チャシ跡群 モシリヤチャシ跡(通称:お供え山)
釧路市城山1丁目141-1
※専用駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
(くしろバス3番武佐線 仏舎利塔通下車)

◎参加無料、申込不要
※雨天は中止となります。濃い霧雨でも中止とさせていただきます。
 

このページの先頭へ