カラスフォトコンテスト開催します!

カラスフォトコンテスト

カラスフォト用写真1

カラスの写真募集します!

今年の夏(6月29日から9月29日まで)にカラスの企画展を行います。それに合わせて、皆さんが撮影したカラスのフォトコンテストを開催致します。

【どんなことをするの?】
1.あなたが撮ったカラスの写真を博物館で展示します。
2.展示された写真の中で、博物館の職員による受賞作品を決めます。
3.受賞者は博物館オリジナルグッズなどのプレゼントを致します。

【こんな写真待ってます!】
あなたの身のまわりにいるカラスに関する写真(カラスに関わるなら、必ずしもカラスが映っていなくても可)
例えば)カラスがこんな食べ物を探していた。あなたが感心したカラスの行動。いつも水浴びをする場所。夕暮れでたそがれる?カラス…など。

このページの先頭へ

応募要項

募集期間:
4月2日(火)~9月22日(日)
※撮影日は募集期間より前でもかまいません

募集条件:
・どなたでも応募できます。ただし、北海道で撮影されたカラスのみとします。
・何度でも応募できます。

(以下の内容についての写真の応募はご遠慮下さい)
・過度に繁殖へ影響を与えるような写真
・食べ物を与えた、もしくは与えるような写真
・カラスをおどかして撮影した写真
・許可を得ずに他人の敷地などで撮影した写真
※ その他、主催者が掲載に適さないと判断した写真は載せることが出来ません。
※ いただいた写真は必ずしも掲載できるとは限りませんので、予めご了承下さい。

応募方法の手順:

1.指定のメールアドレス(entry-museum@city.kushiro.lg.jp)へ、写真ファイルを添付する(jpeg形式で3M未満。3M以上はメールが受信できません)

2.必要事項を記入する。
必要事項:メールのタイトルに、「カラスフォトコンテスト応募」と記入。メールの本文に、以下の①~⑤を記入。

①名前(ペンネーム可)②写真のタイトル③撮影場所(例:北海道〇〇市、釧路の幣舞橋など)④撮影日(○年○月まで)⑤写真についての一言 を記入する。
※ 記入されていないと、掲示できない場合があります。撮影日が分からない場合は「不明」で構いません。

3.メールを送信して完了。
※ メールを受信した場合、受信確認の返信を致します
※ 郵送での受付は行いません
※ ページの一番下にある、応募規約を必ずお読み下さい。

このページの先頭へ

作例

作例1)
① 博物館で働く人
② ジャンプがお上手
③ 釧路市山花の草地
④ 2014年5月
⑤ ハシブトガラスが食べ物を探すために、歩いてはジャンプを繰り返していました。飛ぶのも上手だけど、ジャンプも得意なのですね。



作例2)
① 博物館で働く人
② みんなで潮干狩り?
③ 釧路市星が浦の海岸
④ 2018年1月
⑤ ハシボソカラスの群れが打ちあがった貝を食べていました。

このページの先頭へ

撮影上達ワンポイント

・不用意に近づき過ぎると警戒されてしまいます。ふだん通りのカラスの姿を撮影するためにも、適切な距離を保ちましょう。

・特にカラスの繁殖期(3月頃~8月頃)は、子育てのために親ガラスが神経質になりやすいです。場合によっては、自分の子どもを守るために人間を攻撃することもあります。親鳥が警戒行動や威嚇行動を取った場合は、すみやかに警戒されない場所まで離れましょう。

・身近にすむカラスには、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種類います。見分けられるようになると、撮影のヒントにつながります。

・カラスには好みの場所があります。お気に入りの水浴びの場所や、好きな実がある木など。自分なりに探してみましょう。思わぬカラスの行動を撮影できるかもしれません。

このページの先頭へ

注意事項

応募規約(ここからダウンロードしてください)をお読みの上でご応募下さい。

このページの先頭へ