【博物館】学芸員トーク

博物館および埋蔵文化財調査センターで行われている調査研究の内容や成果について、学芸員がわかりやすくお話します。

学芸員トークは2月8日から 学芸員トークは2月8日から

このページの先頭へ

開催日時

 平成26年2月8日,15日,22日、3月1日、15日の各土曜日
 午後1時30分~3時30分[3月15日は午後2時30分まで]

このページの先頭へ

会場

釧路市立博物館講堂

このページの先頭へ

講師及びテーマ

第1回  2月8日(土)
野本 和宏(魚類) 「釧路湿原のイトウ復活30年計画」
石川 孝織(産業) 「雌阿寒にあった硫黄鉱山」

第2回  2月15日(土)
戸田 恭司(歴史) 「春採湖畔の石仏たち」
澤田 恭平(考古) 「くしろの原始文様~土器に描かれるデザイン~」

第3回  2月22日(土)
貞國利夫(鳥類)「カラスのライフサイクル」
山代淳一(地学)「釧路・根室地方の海岸地形」

第4回 3月日(土)
加藤ゆき恵(植物) 「標本庫は宝の山!~収蔵資料から見えること~」
土屋 慶丞 (昆虫) 「アリ学の現在(いま)」

第5回  3月15日(土)
高橋 勇人 (考古) 「武佐川1遺跡出土土器再考の試み」

※釧路市埋蔵文化財調査センター

このページの先頭へ

参加方法

参加無料、事前申込不要。

このページの先頭へ