【博物館・JC釧路】「釧路エネルギーツアー」

釧路には、大正時代に始まった阿寒川水系の水力発電、バイオマス・太陽光発電などの再生可能エネルギー、そして環境配慮型の石炭火力発電など、多様なエネルギーの現場があります。
市立博物館と釧路青年会議所エネルギー戦略委員会では、それらを実際に見学し、エネルギーの基礎から実際、そして歴史から現在、未来を学ぶバス見学会を実施します。

釧路エネルギーツアー

このページの先頭へ

日時など

日   時:2013年8月9日(金)午前9時~午後4時20分〔貸切バスで移動〕
集   合:釧路市立博物館
主な見学先:飽別発電所(水力)・仁成ファームウイングフィールド(バイオガス)・東部開発(太陽光)・日本製紙釧路発電所(石炭火力)など
定   員:30名(小学3年生以上)
費   用:50円(保険料)
募   集:7月1~15日に博物館にて受付します*申込用紙もお使いください(ダウンロード)
      FAX(0154-42-6000)・郵便(〒085-0822釧路市春湖台1-7)
主   催:釧路市立博物館・釧路青年会議所エネルギー戦略委員会
共   催:釧路市立博物館友の会
協   力:北海道電力(株)釧路支社・ほくでんエコエナジー(株)・(有)仁成ファーム・東部開発(株)・日本製紙(株)釧路工場

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ