【博物館】春採湖畔探鳥会(11月)

 春から夏にかけて行っている春採湖畔探鳥会を、今月も下記要領で開催いたします。湖には北から南へ渡る鳥たちが中継地として春採湖を利用しています。カワアイサやヒドリガモなどの渡り途中の水鳥や湖畔で冬を越すツグミやカラ類などが見られると思います。外を歩くにはやや寒い季節ですが、今シーズン最後の探鳥会に参加してみませんか。探鳥会は日本野鳥の会釧路支部の方々に解説をしていただきますので、初心者の方もお気軽にご参加ください。皆様のご参加をお待ち申し上げます。


日 時 = 2012年11月18日(日)午前8時~午前10時(雨天中止)
場 所 = 春採湖畔
主 催 = 釧路市立博物館・日本野鳥の会釧路支部
共 催 = 釧路市立博物館友の会



※参加無料です
※時間までに博物館前に集合してください。
※湖畔をめぐりますので、散策に適した格好でお越しください。寒さ対策も忘れずに。また、双眼鏡等をお持ちの方はご持参ください。

開催しました

 今年最後の春採湖畔探鳥会はあいにく雨でした。それでも16名の方が集まり、小雨のなかで開催しました。
 水鳥を観察しようと、旧柏木小前にある鳥類観察舎まで移動し、冬鳥たちを観察しました。
 今回は海鳥の識別に詳しい方も参加され、オオセグロカモメの群れのなかにセグロカモメとワシカモメを見つけることができました。その他に、ユリカモメやカワアイサなど渡り途中の水鳥など、合計20種類の鳥を見ることができました。
 来年も4月から開催予定です。また、よろしくお願いいたします。


ユリカモメ ユリカモメ

このページの先頭へ