【博物館】(終了しました)講演会「高校生による遺跡の調査・研究について」10月27日土曜日

開催中の企画展「東奔西走僕らの発掘物語~市内高校郷土史研究部の軌跡」関連事業として、
講演会「高校生による遺跡の調査・研究について」を開催します。
講師は公益財団法人北海道埋蔵文化財センター副理事長の畑宏明氏です。
畑氏は道内の遺跡発掘調査を長年手がけ、釧路にも学生の時から調査に参加され、当時の高校生たちとも発掘調査を通して交流をお持ちでした。
畑氏からは、昭和30年代から40年代にかけて氏が関わられた調査のエピソードなどをまじえて、当時の高校生の様子をお話ししていただきます。


★終了しました。ご参加ありがとうございました。ページ下部に講演会の様子を紹介しています。





開催日時・場所

◎日 時 平成24年10月27日(土曜日) 午後2時から3時
◎場 所 釧路市立博物館1階講堂
◎入 場 無料(※企画展のご観覧には入館料がかかります)
◎その他 講演会終了後、企画展の展示解説を行ないます。ご希望の方は入館券をお求めのうえ、2階特別展示室にお集まりください。

昭和40年の東釧路貝塚の発掘調査風景。学帽をかぶった高校生の姿が見られます。 昭和40年の東釧路貝塚の発掘調査風景。学帽をかぶった高校生の姿が見られます。

このページの先頭へ

企画展開催ポスター

このページの先頭へ

講演会の様子

開催された講演会の様子を紹介します。


講演会講師畑氏
講師の畑宏明さんです。長年北海道内の発掘調査を手がけられ、現在は公益財団法人北海道埋蔵文化財センターの副理事長をしていらっしゃいます。釧路にも学生のころから発掘調査のために何度も足をはこんでおられます。 


講演会プロジェクタ-説明の様子
講演会では畑さんの発掘体験談はもちろん、北海道内の発掘調査の流れまでご説明していただきました。写真は博物館の2階展示室に展示中の東釧路貝塚から見つかったお墓を説明されています。


講演会会場の様子
会場の様子です。講演会には35名のご参加をいただきました。参加者からは「当時の発掘調査の様子や北海道の考古学について知ることができてよかった」「懐かしい話を聞けた」というご感想をいただきました。ご参加ありがとうございました。



このページの先頭へ