【博物館】「ヤマの話を聞く会」記録集(2)[完売しました]

釧路市立博物館

「ヤマの話を聞く会」記録集(2)

釧路市立博物館では、昨年度に引き続き23年度にも開催した「ヤマの話を聞く会」について、その内容をまとめた「記録集」(2) を刊行、販売いたします。
太平洋炭砿について、計3回・6名の炭鉱・炭鉱主婦会経験者にお話いただいた内容を収録しています。 また、昨年10月まで1年間放送した、炭鉱経験者にお話を伺う、FMくしろと博物館の共同番組「ヤマに生きて」にてお話いただいた内容も、あわせて収録しています。

記録集内容

記録集

【ヤマの話を聞く会】
「グリュック・アウフ!海を渡った炭鉱マン」
菅原 繁(元 太平洋炭砿(株) 指令室係長)・工藤 曠(元開削課主任)
「昭和29年の教訓-太平洋炭砿ガス爆発事故とその後-」
金沢利平(元 技術課長)・坂田 元(元 研修センター所長・救護隊総隊長)
「ヤマを支えた女たち-太平洋炭鉱主婦会-」
佐藤邦子(元太平洋炭鉱主婦会会長・元 日本炭鉱主婦協議会会長)・片桐美代子(元 太平洋炭鉱主婦会 事務局長)
【寄稿】「太平洋炭鉱主婦会の歴史から学ぶ」
西城戸 誠(法政大学人間環境学部 准教授)

【FMくしろ「ヤマに生きて」 】
照井茂幸(元機械、施設課長)・安田 進(元 採炭、保安監督室室長代理)

(敬称略)


価格800円【完売いたしました】
販売開始平成24年3月2日(金)
当館1階マンモスホール、釧路市立の各図書館などでご覧ください

このページの先頭へ