【博物館】講演会「釧路・筑豊・台湾を結ぶヤマの歴史」6/19[日]

講演会「釧路・筑豊・台湾を結ぶヤマの歴史」

釧路・筑豊・台湾を結ぶヤマの歴史

このページの先頭へ

平成23年 6月19日(日) 午後1時30分~3時 博物館講堂(無料)

木村組炭砿から現代に続く3地域のヤマの歴史をたどります

台湾の炭鉱から釧路炭田へ進出した木村久太郎、そのビジネスパートナーである台湾の事業家・顔家。この両者が台湾と釧路で関わった炭鉱に三井財閥が加わることで、台湾最大の炭鉱だった基隆炭鉱と、釧路コールマインの前身である太平洋炭鉱が誕生しました。そして筑豊・田川からは、日本鉱業史上に金字塔を打ち立てた、三井田川伊田竪坑の開削技術者・小林寛と田邊儀助が、それぞれ基隆と太平洋炭鉱に渡り、筑豊の経験を台湾と釧路へ伝えることになります。 釧路市立博物館と田川市石炭・歴史博物館が進めている石炭交流によって掘り起こされた、釧路・筑豊と台湾を結ぶヤマの歴史をご紹介します。
また、「山本作兵衛コレクション」(炭坑絵)ユネスコ世界記憶遺産登録についてもお話します。
講師:福本 寛 氏(別ウインドウで開きます田川市石炭・歴史博物館 学芸員)

主催 釧路市立博物館   共催 釧路市立博物館友の会

このページの先頭へ