【博物館】「釧路の鉄道遺産講座」開催!(5/29(土))

講 座(バス見学会) 「釧路の鉄道遺産講座」

釧路の鉄道遺産講座

このページの先頭へ

内容釧路の鉄道は、1887(明治20)年の「釧路鉄道」(アトサヌプリ~標茶)にはじまり、硫黄、石炭、森林資源の輸送、開拓に大きな役割を果たしてきました。
今回は、雄別鉄道・!)居村営軌道・釧路鉄道の鉄道遺産をバスでめぐり、その歴史を振り返るとともに、産業遺産としての活用についても考えます。
日時<参加にはお申し込みが必要です>
1通で2名までお申込みいただけます。ハガキかファクスにて全員の氏名・年齢・住所・連絡先を明記の上、博物館までお申込みください。
〒085-0822 釧路市春湖台1-7 FAX 0154-42-6000
       釧路市立博物館「釧路の鉄道遺産講座」係
受付:5月1~9日(消印有効・ファクス必着、締切後ご案内をお送りします)
定員30名(申込が定員を超えた場合は抽選となります)
費用300円(保険料・資料代として)
主催釧路臨港鉄道の会・釧路市立博物館

このページの先頭へ