「政策プラン」 中期的な重点分野

プラス成長を目指して「政策プラン」を策定しました

 市では、釧路市がプラス成長するための政策展開を示すため「都市経営」の考え方のもと「政策プラン」を策定しました。「政策プラン」の実践を「あきらめることのない、できる道探し」と捉え、市の基本となる政策として今後、進めていきます。
 「政策プラン」の内容をわかりやすくまとめたパンフレットを作成しました。下記よりダウンロードしてください。このパンフレットには、政策プランを簡単にまとめただけではなく、政策プランのキーワードである「域内循環」と「外から稼ぐ」に取り組む理由や「域内循環」による経済波及効果とシミュレーションなどを掲載しています。

このページの先頭へ

政策プランとはどのようなプラン?

 政策プランは、釧路市の現状と課題をさまざまなデータから分析し、市の特性を最大限に生かし、プラス成長を目指すための基本的な考え方を表したものです。「選択と集中」によって、重点化を図り、おおむね5年間で取り組む分野や方向性を示しています。
 
 「域内循環」、「人材育成と雇用」、「安全・安心なまち」、「拠点性」を柱とする4つの実践ビジョンに重点をおき、まちづくりに取り組みます。

このページの先頭へ

釧路市の現状と課題

釧路市の弱み 釧路市の強み
(1)域外に財が流出しやすい (1)「外から稼ぐ力」(※)がある
(2)地域を支える人材が減る (2)東北海道を支える拠点性がある
(3)働く環境が厳しい  
(※)外から稼ぐ…東北海道以外の地域に対してモノを売って稼ぐこと。また、東北海道以外の地域の人々が東北海道に来て消費してもらうことにより稼ぐこと。

このページの先頭へ

選択と集中による「4つのビジョン」と「7つの重点分野」

●釧路市の自立的発展に向けて

 釧路市の弱みを克服し、強みを生かすために政策プランでは、4つのビジョンをまとめました。また、7つの重点分野を設定してプラス成長に向けて取り組んでいきます。

ビジョン 重点分野
1 地域資源の価値を高め域内循環(※)させる地域経済 (1)地域資源を守り、生かす
(2)域内循環を加速させる
(3)外から稼ぐ
(4)外から取り入れる
2 地域を担う人材の育成と雇用 (5)人材育成と雇用づくり
3 みんなが安心して暮らせる都市づくり (6)安心して暮らせる都市づくり
4 世界に開き東北海道をつなぐ戦略的拠点都市 (7)拠点都市づくり
◎自助、共助、公助による市民協働の実践
(※)域内循環…市民や企業が必要なモノについて、なるべく地元企業から購入・調達を図ること。また、企業等が積極的に地元企業へ発注すること、地元の人材を活用することなど、地域にあるあらゆるものを地域資源として活用することを域内循環として捉えています。

このページの先頭へ

プラス成長のための市民と協働するまちづくり

釧路市が政策プランを着実に進め、プラス成長するためには自助、共助、公助による市民協働が基本です。
【情報共有】
 「現場の課題」を共有し、同じ価値観を持って、地域みんなで課題を解決していくことが大切です。市役所から情報を発信して、市民の皆さんと情報の共有をしていきます。

【役割分担】
 地域の企業、市民、団体、市役所は相互に利益や価値を共有しています。それぞれが自らできる役割を果たしていくことが大切です。

【財源確保】
 市役所の予算編成において、政策プランが示す考え方と方向性に沿って、予算の重点化を図ります。その財源は「ふるさと納税」や「広告事業」の拡大、地域や北海道、日本全国からの応援による投資を募る「地域ファンド」の活用で確保します。

【推進体制イメージ図】

このページの先頭へ

政策プラン(素案)に対する意見(パブリックコメント)の募集結果について

 釧路市民意見提出手続(パブリックコメント)条例に基づき、広く市民の皆様から、政策プラン~中期的な重点分野~(素案)に対するご意見を募集しました。
 市民の皆様からお寄せいただきましたご意見は市として考慮しながら策定作業を進めてまいりました。

 お寄せいただきましたご意見につきましては、下記ホームページをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ