タクシー事業者経営持続化支援補助金(令和3年4月26日掲載)

タクシー事業者経営持続化支援補助金チラシ

 

補助対象事業者

 令和3年4月1日現在、釧路市内に本店(個人事業者は住所)又は営業所(道路運送法に基づく事業計画で定める営業所)を置く法人及び個人タクシー事業者(福祉輸送事業限定を除く)で、今後も事業を継続する意思がある事業者。

このページの先頭へ

補助対象経費

 令和3年4月1日から令和4年2月10日までの間に行う、下記に掲げる事業の実施に要する経費とします。
 
  • 高度化事業
 新型コロナウイルス収束後の経営持続化に資する、決済等に係るシステムの高性能化や環境性能に配慮した機器の導入、業務の効率化等に関する事業
【事業例】
 キャッシュレス決済対応化、予約・配車管理システム導入、環境性能に優れた車両等購入、ドライブレコーダー設置
 
  • 利便増進事業
 利用者の待ち時間の短縮や分かりやすい予約方法の導入、多様な決済手段への対応など、利用者の利便性向上を図るサービスの導入に関する事業
【事業例】
 キャッシュレス決済対応化(再掲)、予約・配車管理システム導入(再掲)、Wi-Fi整備、ジャンボタクシーの導入、多言語対応化
 
  • 利用喚起事業
 新型コロナウイルスの影響により低下した観光需要の回復のため、タクシー利用を促す事業
【事業例】
 観光客(貸切)等利用者喚起のための情報発信

※システム導入により発生する手数料・通信費等のランニング経費は、各社の負担となります。
※「車両のタイヤ購入」「車両、営業所の抗菌・抗ウイルス対策」「運転席仕切りカーテンの設置」などは補助の対象とはなりません。
※補助対象経費に係る消費税のうち、仕入控除を行う場合における仕入控除の対象となる消費税相当分については、補助対象としないものとします。

このページの先頭へ

補助金の額

支援対象者 支援額
法人タクシー ・事業費の全額を支援
・1事業者:上限100万円
個人タクシー ・事業費の全額を支援
・1事業者:上限10万円
※予算額の枠を超える多数の申請があった場合には、下記の審査基準に従い申請内容を審査し、優先順位により交付決定を行います。
 
採択優先度 高い↑


低い↓
高度化事業
利便増進事業
利用喚起事業

このページの先頭へ

申請期間等

  • 交付申請期間
 令和3年5月10日(月曜日)~7月30日(金曜日)
 
  • 申請内容審査・交付決定期間
 申請内容を審査し、確定次第交付決定
 
  • 事業実施期間(補助の対象となる事業実施期間)
 令和3年4月1日(木曜日)~令和4年2月10日(木曜日)

※交付決定前に事業着手(契約・発注)し、交付決定とならなかった事業の経費については各社の自己負担となりますのでご注意ください。
 
  • 実績報告期間
 事業実施完了後から1か月以内

※実績報告時には必ず、納品、支払、自動車登録等を完了しておいてください。また、割賦による購入など、車両登録時の所有名義人が補助対象事業者と異なる場合は、補助対象になりません。

このページの先頭へ

申請・問い合わせ先

  • 申請に必要な書類
 (1)交付申請書
 (2)事業計画書
 (3)見積書
 (4)品名、値段等の記載のあるカタログ等
※詳細は、下記ダウンロードから補助金交付要綱等をご確認ください。
 
  • 申請方法
 上記申請に必要な書類を令和3年5月10日(月曜日)から7月30日(金曜日)までに郵送またはご持参ください。
 
  • 申請・問合先
 〒085-8505 釧路市黒金町7丁目5番地
 釧路市役所 都市経営課 企画担当(市役所本庁舎3階)
 電話:0154-31-4502
 ファクス:0154-22-4473
 メール:to-kikaku@city.kushiro.lg.jp

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

別ウインドウで開きますMicrosoft関係のダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ