70歳からのかしこいクルマの使い方

 釧路市地域公共交通活性化協議会では、70歳以上の高齢者の皆様を主な対象として、公共交通機関を利用することの多面的なメリットをレクチャーするほか、路線バスの乗り方教室、路線バスの乗車体験、公共交通に関する交通ワークショップを実施するなど、自家用車の過度な利用抑制を図るとともに、公共交通の利用促進の取組みを進めています。

取組みの背景

・高齢ドライバーの交通事故の社会問題化
・75歳以上の免許更新制度厳格化
 ⇒公共交通への利用転換で、高齢者の安全安心な移動環境の維持確保が必要

グラフ

このページの先頭へ

取組みの方向性

〇モビリティ・マネジメント(MM)

 ・交通手段の選択を本人や社会にとって最適な方向へ
 ・コミュニケーションを軸として自発的変容を促す手法
 

〇動機付け情報の提供

 ・公共交通のメリットを提示します
  ⇒公共交通を利用するという動機を持っていただきます

方向性

このページの先頭へ

取組み内容

〇平成29年度

 主催:北海道運輸局交通政策部  協力:釧路市地域公共交通活性化協議会写真
 実施プログラム:
 1)路線バスの乗り方教室         
 2)路線バスのおでかけ情報収集
 3)路線バスの乗車体験
 4)大学生協(学食)でランチ
 5)大学構内見学
 6)かしこいクルマの使い方講座
 7)ワークショップ
 8)交通宣言書
 9)定期券情報の提供
 
 ※釧路公立大学、北海道教育大学釧路校
   の学生の参加協力
 ・地元の大学生に協力いただき、ワークショップ等において活発な意見交換を促す
 ・学生との会話や学内での昼食・構内見学・集合写真撮影を通して、
  路線バス利用に関わる思い出づくりをもとに路線バスの利用促進効果を狙う
 実施地区・日時:
 平成29年11月22日 東栄山の手老人クラブ連合会(37名)、釧路公立大学の学生
 平成29年12月 7日 武佐老人クラブ連合会(23名)、北海道教育大学釧路校の学生
 平成30年 3月19日 70歳からの地域の足を考えるフォーラム
 
 ※上記事業は、日本モビリティ・マネジメント会議により、JCOMMプロジェクト賞を受賞しました 

③
 

〇平成30年度

・釧路市地域公共交通活性化協議会として北海道運輸局釧路運輸支局との連携事業により実施を予定しております

写真

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 都市経営課 企画担当

電話番号電話番号:0154-31-4502

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4473

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ