平成19年度 市民団体協働補助金補助事業審査会結果

会議名

平成19年度市民団体協働補助金補助事業審査会

このページの先頭へ

開催日時及び場所

平成19年7月30日(月曜日)午後1時30府から午後2時15分まで
釧路市役所2階 第2委員会室

このページの先頭へ

主な議題

平成19年度市民団体協働補助金の補助事業の採択

このページの先頭へ

結果

採択事業

  • 茶の湯文化にふれる市民講座((社)表千家同門会釧路支部) 100,000円補助
     
  • おり返し人生の智慧講座(NPO法人 シーズネット釧路支部) 200,000円補助 
     
  • 第2回国際民族文化祭in釧路(国際民族文化祭in釧路実行委員会) 100,000円補助 
     
  • アトピっ子クッキング(アトピっ子クッキング実行委員会) 85,000円補助
     
  • くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」(釧路川「渡し舟」実行委員会) 100,000円補助
     
  • 幣舞橋イルミネーション事業(社団法人釧路青年会議所) 200,000円補助
     
  • さわやか健康サロン(さわやか健康サロン) 112,000円補助
     
  • ゆめこいパラソルショップ(くしろ橋南西ゆめこい倶楽部) 100,000円補助


要望9事業に対し、8事業が採択され、1事業が不採択となった。

このページの先頭へ

主な議論

(市)本日は大変お忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。今回審査をお願いいたします「市民団体協働補助金」につきましては、昨年度まで実施しておりました「釧路市まちづくり推進事業補助金」に替わり、今年度から新しく始まるものです。魅力ある釧路のまちづくりに貢献する市民の皆さんの自主的な、新しい活動を支援し、市民と行政のパートナーシップによるまちづくりを推進する市民団体が行う事業に対しまして、市が金銭的な支援をさせていただくというものです。
これまで実施しておりました「釧路市まちづくり推進事業補助金」につきましては、事業内容の見直しにより平成18年度をもって終了いたしましたが、平成4年の事業開始から昨年までの15年間で、応募総数が238件、採択事業数190件、補助金も37,793千円の実績があります。その多くが現在も活発に活動されているところでありまして、一定程度の成果が得られたものと考えております。
今回からの「市民団体協働補助金」の補助事業の審査にあたりましては、より一層行政と市民とのパートナーシップ、『協働』のまちづくりに貢献する、必要と思われる事業につきまして、市民の視点から活発なご議論をいただき、釧路のまちづくりに相応しい事業の選定をお願いしたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。
審査の方法・要望書、資料に基づき事業の概要を説明
以下、審査
(委員)事業の審査については、各委員の意見、思いを尊重してこの補助金の趣旨にかなったものを決定していきたいと思います。事務局の説明について質問等なければ、時間も限られているところですので、早速審査に入りたいと思います。個別に審査をした方が良いか、あるいは全体をみていかがでしょうか。委員の方のそれぞれのお考えをお願いします。
(委員)今回、補助金の要望総額が114万2千円ということで、ちょっと中身をみて自分の意見をいいますと、まず、くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」は新規事業とは思えないので、これを10万円減額として、A事業は現状では具体性がなく、準備不足の感があるので、これは今回対象外事業として4万5千円の減、合計で14万5千円を減額すると他の事業はそのまま採択することができると考えます。
(委員)今回の要望事業は、新規事業と一度補助金を受けたことのある事業の要望件数が同じくらいですね。その点なんかも踏まえていかがでしょうか。
(委員)今年から始めて審査会に参加するため、昨年の審査経過について少しわからないことがあります。補助事業が新しくなったということですが、昨年はこの審査会(まちづくり補助金の「釧路の魅力発見・創造枠」審査会)で採択されなかった事業でも、その後一般枠で採択されたものもあり、この制度がよくわからないところです。ただ、私もこのA事業に関しては、現段階では実現性に欠けると思われますし、さわやか健康サロンもかなり地域限定の、広がりが感じられない活動に思います。
(市)旧補助事業でご審査いただいた魅力発見創造枠は、補助率が90パーセントと、ほとんど自己資金がなくても事業が行える状況であったため、本当に相応しい事業を審査していただいた経過があります。昨年まではそこで不採択となったものでも、若干自己負担は増えますが、これも75パーセントという補助率の一般枠で大体救えていました。今回は枠を撤廃し、これ一本になってしまいましたので、ここで不採択となったものは救う道がないということになります。
(委員)昨年までの補助事業は審査会で採択されなかったものでも、その後一般枠で救うことができましたが、今年度からのこの補助事業は、この審査会での決定が全てになるため、なるべく多くの事業を採択したいと考えていますが、お二人の委員から意見が出たA事業に関してはまだ準備ができていないということで、今回の補助事業としては採択しないということでよろしいでしょうか。他の委員の方はどうお考えですか。
(委員)採択しないこととして良いと思います。
(委員)茶の湯文化にふれる市民講座は、団体のためのものではないかという感じがしますけれど。
(委員)今までの補助事業はあまり単発的な事業は採択しないようにしてきましたが、今回は補助の枠が一つですので、あまり難しくしないで、なるべく採択する方向で考えてはいかがでしょう。先ほど委員から質問のあった、この審査会で採択されなかった事業については、今回からは救う枠がないわけですから。
(委員)昨年までの採択の仕方がわからなかったため質問したわけですが、そういうことでしたら、なるべく採択する方向で進めてはいかがでしょう。
(委員)茶の湯文化にふれる市民講座は、先ほど委員から、団体のためのものではという意見がありましたが、A事業は先ほど申しましたように今回は対象外として、その他について他の委員、いかがでしょうか。
(委員)くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」は私も新規事業ではないと思います。
(委員)くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」と「ゆめこいパラソルショップ」も同じ地域の活動のように思いますが。
(市)もともとは同じ団体の方が別組織で行っているもので、昨年は同じ日に事業を実施しましたが、今年度の実施日は別になっています。くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」は、今回新たなコースを設けたことで新規事業として要望されています。
(委員)その程度では新規事業として捉えるのは難しいですね。これはやはり継続事業として、今年度の経過措置を適用し上限10万円が妥当でしょう。今までの様子から、皆さんなるべく採択してあげたいお気持ちでしょうから、この事業は採択するのはいかなものかと思われるものを挙げてください。おり返し人生の智慧講座はまだ講演者は決まっていないのですね。
(市)いいえ、これは講演者が決まっています。2回の講演者はそれぞれ資料を添付している方です。
(委員)全国的にはこの団体はわりとしっかり活動をしてきている団体だと思います。
(委員)茶の湯文化にふれる市民講座は先ほど団体のためのものではという意見もありましたが、自己負担もかなりしていますし、団体としても古くから広く活動していて今回は日本の伝統文化を広く市民に伝えるための講演会の開催ということですから、採択でよろしいですか。
(委員)そういうことで良いと思います。
(委員)おり返し人生の智慧講座を行う団体は古くからあるものですか。
(市)釧路支部ができたのは昨年です。
(委員)団体的には非常にまじめに活動しているところです。
(委員)講演者の交通費が大きな支出とはなっていますが、遠方からの講演者を呼ぶためのものですし、しっかりした活動をされているということでしたら、採択としてよろしいですね。第2回国際民族文化祭in釧路については、資金確保等もがんばってやっていますし採択でよろしいですね。
(委員)問題ありません。
(委員)アトピっ子クッキングについては、最近こういう問題も増えてきていますし、関心も高いと思いますが、いかがでしょうか。
(委員)私自身、子どもがアトピーの経験がありますし、活動には共感できますのでよろ しいと思います。
(委員)くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」については継続事業として10万円補助ということでよろしいですね。では、幣舞橋イルミネーション事業はどうでしょう。
(委員)新たな魅力の創造ということで、問題ないと思います。
(委員)さわやか健康サロンは先ほど地域限定的ではとの意見がありましたけれど、いかがでしょうか。
(委員)フマネットやイーボールは面白そうな感じですし、この活動が全市に広がっていく契機になるものであれば採択としても良いのではないでしょうか。
(委員)この、地域限定の活動というところは補助要件としてはどうなのでしょう。
(市)基本的に団体の規約等で広く市民どなたでも加入できることとなっていれば要望は受け付けることにしていますので、実施場所(拠点)が一つ地域となっていても市内のどなたでも参加することを拒まないものであれば、それは許容範囲ととらえます。
(委員)では、団体にこの事業の募集に際しては広く市民にPRすることを要件とする審査会の意向を伝えて、採択としましょう。最後のゆめこいパラソルショップについては、活発に活動している団体ですし、疲弊した地域を元気にさせようとする活動でもあり、地域でも認められている活動ですので、採択としてよろしいですか。
各審査員了承。8事業採択
(委員)それでは、改めて事務局で採択の事業と補助決定額の確認をお願いします。
(市)最終的に採択とされた事業と額について確認させていただきます。『茶の湯文化にふれる市民講座』が10万円、『おり返し人生の智慧講座』が10万円、『第2回国際民族文化祭in釧路』が10万円、『アトピっ子クッキング』が8万5千円、『くしろ川「櫓櫂漕ぎ周遊渡し舟」』が要望20万円でしたがこれを変更して10万円、『幣舞橋イルミネーション事業』が20万円、『さわやか健康サロン』が11万2千円、『ゆめこいパラソルショップ』が10万円、合計で99万7千円ということです。
(各委員)了承。
8事業採択。補助金額合計99万7千円

以上

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

総合政策部 市民協働推進課 市民協働担当

電話番号電話番号:0154-31-4504

ファクス番号ファクス番号:0154-23-5220

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ