くしろ男女平等参画プラン

 国では、男女共同参画社会の実現に向け、平成11年の男女共同参画基本法にはじまり、平成27年12月に策定した第4次男女共同参画基本計画により、社会の多様性と活力を高め、経済が力強く発展していく観点や、男女間の実質的な機会の平等を担保する観点から、男女平等参画社会の実現は重要であり、社会全体で取り組むべき最重要課題としています。また、平成28年4月1日には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」を全面施行し、女性活躍の拡大促進を図ってきております。

 釧路市においては、平成20年3月に「くしろ男女平等参画プラン」(以下、「プラン」とする。)を策定し、諸施策の推進に努めてきました。また、平成22年12月には「釧路市男女平等参画推進条例」を制定し、男女がともに支えあい創りあげていく社会を目指し、総合的かつ計画的に施策を推進しているところです。

 この度、国における方針を踏まえるとともに、平成28年度に実施した「男女平等参画に関する企業の意識調査」の結果から見えてきた課題の解決を図るため、新たなプランを策定いたしました。
 また、当市の各分野別における個別計画の最上位指針である「釧路市まちづくり基本構想」では、基本方針のひとつに「すべてのひとが活躍できるまちづくり」を掲げ、年齢や性別、国籍、障がいの有無などにかかわらず、すべての市民が個々の能力を発揮し、社会を支えていくことを目指しています。この方針は、男女の人権の尊重をはじめとした本プランが掲げる男女平等参画を推進するための基本理念と方向性を同じくするものであり、本プランの推進によって、少子高齢化、人口減少社会の到来により地域経済の縮小などが懸念されるなかでも、地域の活力を保つための取組につなげてまいりたいと考えておりますので、皆さまの一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 最後に、本プランの策定に当たり、ご尽力をいただきました釧路市男女平等参画審議会委員の皆さまをはじめ、貴重なご意見をお寄せいただきました市民の皆さまや関係各位に心からお礼申し上げます。

 
    平成30年3月  釧路市

 

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ