こども110番の家・こども110番の店協力事業

こども110番の家-1

子どもたちが駆け込んできたら
市内全戸が「こども110番の家」にご協力下さい。

もし、子どもたちが身に危険を感じ突然お宅に駆け込んできたら、子どもたちを安全に保護され、ただちに「110番」通報など、温かい援助の手をさしのべて下さいますようお願い申し上げます。

担当/青少年育成センター TEL25-3125

 

『こども110番の家』協力について

1.『こども110番の家』ってなあーに?

釧路市では、全家庭や商店・事業所などに『こども110番の家』としてご理解・ご協力をいただき、全市を挙げてこの運動に取り組んでいます。つまり、子どもたちにとって自分の身に危険を感じた時、周りにある全ての家・商店・事業所が『こども110番の家』となります。

2.なぜ、『こども110番の家』なの?

子どもたちに様々な魔の手が忍び寄り、悲惨な事件の続発による社会不安が増大している昨今です。いたずら目的で幼児・児童・生徒を誘拐したり、執拗に追い回したり、暴力的に犯したり、時には尊い命を奪うなど、卑劣極まりない性犯罪の増加は憂うべき状況となり、今や社会の大問題となっています。子どもたちを性犯罪などの被害から守るべく警察も協力されていますが、地域住民の連携・協力が大きな力になります。

3.『こども110番の家』として、何をすればいいの?

  1. 大声をあげて助けを求める子どもが駆け込んで来たら、安全に保護します。
  2. 速やかに「110番通報」します。
  3. 保護者に連絡します。

~痴漢・変質者等、不審人物の出没は後を絶ちません。日頃から、身の危険に対する予防策を講じなければならない昨今ですが、『こども110番の家』が、子どもたちの心の支えとなっていることは、まぎれもない事実です。~

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

学校教育部 教育支援課 教育支援担当

電話番号電話番号:0154-23-5189

ファクス番号ファクス番号:0154-25-5999

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ