耐震診断

耐震診断結果表の公表について

市立小中学校及び幼稚園の耐震診断

市立小中学校及び幼稚園の耐震診断は、一度に全ての学校を行うことが困難であるため、あらかじめ優先度調査を実施しており、基本的にその優先度の順に診断を実施してきております。

耐震診断の結果により補強が必要な施設は、順次改修工事を進めていきます。

このページの先頭へ

耐震診断結果表の内容

耐震診断結果表

(1)小学校

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考

城山小学校

校舎

昭和42年

0.56~2.23

 

昭和44年

0.25~0.78

昭和44年

0.38~2.24

昭和45年

0.36~1.88

体育館

昭和46年

0.19~2.97

桜が丘小学校

校舎

昭和52年

0.41~1.00

 

昭和63年

新耐震基準適合

 

体育館

昭和54年

0.34~1.73

  

  (注)城山小学校、桜が丘小学校…平成27年3月耐震補強完了
                        

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考

阿寒湖小学校

校舎

昭和53年

0.73~2.00

  

昭和53年

0.91~1.49

 

昭和54年

1.31~1.87

 

体育館

昭和53年

0.16~5.69

 

仁々志別小学校

校舎

昭和55年

0.44~1.01

    

体育館

昭和55年

0.34~4.43

中徹別小学校

校舎

昭和50年

0.71~3.52

         

体育館

昭和58年

新耐震基準適合

 

山花小中学校

校舎

昭和50年

1.04~1.59

   

体育館

昭和52年

0.15~1.22

 

鶴野小学校

校舎

昭和56年

0.60~1.09

 

昭和56年

1.28~4.25

 

昭和56年

1.21~4.36

 

昭和56年

0.61~1.54

 

昭和56年

0.85~2.15

 

昭和56年

1.43~2.59

 

体育館

昭和56年

0.40~17.98

 

 (注)山花小中学校、鶴野小学校…平成28年3月耐震補強完了
    仁々志別小学校、中徹別小学校…平成28年3月廃校




 

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考                        

武佐小学校

校舎

昭和53年

0.64~2.32

 

昭和53年

0.29~3.64  

体育館

昭和54年

0.25~6.22

美原小学校

校舎

昭和54年

0.29~0.62

 

昭和54年

0.49~1.01

昭和57年

0.45~1.96

体育館

昭和54年

0.44~2.10

興津小学校

校舎

昭和54年

0.38~1.13

 

昭和54年

1.17~2.19

 

体育館

昭和54年

0.35~2.41

 

鳥取小学校

校舎

昭和55年

0.78~1.74

 

昭和55年

0.41~1.69

 

体育館

昭和55年

0.09~1.22

共栄小学校

校舎

昭和56年

0.86~1.88

 

昭和56年

0.75~1.57

 

昭和56年

0.17~3.40

 

昭和57年

1.06~2.03

 

体育館

昭和58年

0.18~18.18

 

昭和小学校

校舎

昭和54年

0.37~1.94

 

昭和54年

0.28~1.92

体育館

昭和54年

0.16~2.30

                   

 (注)武佐小学校、鳥取小学校、共栄小学校、昭和小学校…平成27年3月耐震補強完了
    美原小学校、興津小学校…平成28年3月耐震補強完了




 

(2)中学校

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

                

備考            

                                                                                                           

春採中学校

校舎

昭和42年

0.38~2.25

                                                                                                                                                                                                                                                                                       

昭和44年

0.42~2.44

昭和43年

0.31~1.17

昭和44年

0.08~0.12

                                                                                                                                                                                                                                    

昭和63年

新耐震基準適合

                                                                                    

体育館

昭和45年

0.04~0.97

                                                                                                                                                               

鳥取中学校

校舎

昭和51年

0.26~0.96

                                                                                                                                          

昭和50年

0.21~1.09

昭和63年

新耐震基準適合

                                                                                               

体育館

昭和46年

0.2~2.25

                                                                                                                                                    

 (注)春採中学校、鳥取中学校…平成27年3月耐震補強完了
                         

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考

阿寒湖中学校

校舎

昭和49年

0.33~1.77

  

昭和49年

2.04~2.67

                                          

体育館

昭和48年

0.34~7.11

    

大楽毛中学校

校舎

昭和53年

0.34~2.22

    

昭和54年

1.57~1.97

    

体育館

昭和53年

0.26~6.66

       

 (注)大楽毛中学校…平成28年3月耐震補強完了
                        

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考

桜が丘中学校

校舎

昭和54年

0.29~0.78

 

昭和54年

0.41~1.61

体育館

昭和55年

0.36~1.33

 

美原中学校

校舎

昭和57年

0.68~1.56

  

昭和57年

0.51~1.32

昭和57年

0.30~1.14

 

体育館

昭和57年

0.73~1.83

 

 (注)桜が丘中学校…平成28年3月耐震補強完了
    美原中学校…平成27年3月耐震補強完了
 

(3)幼稚園

学校名

建物区分

建築年

構造

建物
階数

耐震第2次診断結果
(Is値)

備考

阿寒幼稚園

園舎  昭和53年

0.183~3.367  

マリモ幼稚園

園舎  平成10年

新耐震基準適合  
 (注)市立幼稚園の耐震化に関するお問い合わせは、阿寒町行政センター保健福祉課
   (電話番号:0154-66-2120)へ

 

このページの先頭へ

  • 建築年や構造の状況により診断が複数の棟に分かれる場合があります。
  • 構造欄の記号「R」は鉄筋コンクリート造、「S」は鉄骨造またはその他造を表します。
  • 「耐震第2次診断結果」とは、建物の耐震性を詳細に評価する診断方法で、診断の結果はIs値(数値)で示されます。 数値は棟ごとの最小値から最大値を示しています。
  • 「Is値(構造耐震指標)」とは、建物の耐震性能を示す指標で、数値が大きくなるほど耐震性能が高くなります。国土交通省告示では次のとおり判断基準を設定しています。また、文部科学省では、耐震補強後のIs値は、0.7を超えることとしています。

【震度6強の振動・衝撃で倒壊または崩壊する危険性】

Is値0.3未満

危険性が高い

Is値0.3以上0.6未満

危険性がある

Is値0.6以上

危険性が低い

  • 「新耐震基準適合」とは、昭和56年の建築基準法改正後の耐震基準により建築されたもので、耐震診断や耐震補強の必要はありません。

耐震診断結果の公表

耐震診断の結果は、地震防災対策特別措置法第6条の2第2項により、公表することが義務づけられています。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

学校教育部 総務課 施設担当

電話番号電話番号:0154-31-4576

ファクス番号ファクス番号:0154-25-5999

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ