固定資産評価審査申出制度について

審査申出制度の概要

1 固定資産評価審査委員会とは

固定資産の価格に関する納税者の不服(審査の申出)を審査決定するために、地方税法第432条に基づき設置された独立機関です。

このページの先頭へ

2 審査の申出ができる事項は

固定資産課税台帳に登録された価格です。
基準年度(3年に一度の評価替えを行う年度)以外の年度では、(1)新たに決定された価格(前年度の価格が変更されたものを含む。)に不服がある場合、(2)土地の地目の変換、家屋の改築又は損壊その他これらに類する特別の事情があるため、前年度の価格を修正すべきことを申し立てる場合、(3)地価の下落に伴い前年度の価格を修正すべきことを申し立てる場合に限り審査の申出をすることができます。
なお、固定資産の価格以外の事項に関する不服の申立ては、行政不服審査法に基づく審査請求の手続が必要です。

このページの先頭へ

3 審査の申出ができる人は

固定資産税の納税者(課税年度の賦課期日である1月1日現在の所有者)です。1月2日以降に所有者となった方や、納税管理人、借地人、借家人は審査の申出をすることができません。

このページの先頭へ

4 審査の申出ができる期間は

固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の公示の日から納税通知書の交付を受けた日後3か月までの間です。なお、公示の日以後に価格の決定又は修正があった場合は、その通知を受けた日から3か月以内です。

このページの先頭へ

5 お問い合わせ、審査申出書(様式)の請求、提出先は

釧路市固定資産評価審査委員会事務局
釧路市 財政部 市民税課 税務担当内
申出書の様式は、下記からダウンロードすることもできます。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

財政部 市民税課 税務担当

電話番号電話番号:0154-31-4513

ファクス番号ファクス番号:0154-25-8530

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ