市営住宅の募集と入居決定のしくみ

1.募集の種類

(1)新築住宅募集 ※新築住宅が建設される場合のみ

募集時に希望の間取りを1つ指定し申込みをしていただき、入居者を決定し資格審査を行います。資格審査の結果、入居資格がない場合は取り消しとなりますので、申込時に「入居資格」を必ず確認してください。

このページの先頭へ

(2)定期募集

年2回の募集を行います。希望団地(地区)を1つ指定していただき、補欠登録をします。登録有効期限は次回の公募前までとし、第1回目に申し込みし入居できなかった場合は継続申し込みをすることができます。

このページの先頭へ

(3)臨時募集

定期募集によって補欠登録された方がすべて入居した団地が出た場合、または入居希望がない団地があった場合に行います。この場合は抽選にて入居者を決定します。

このページの先頭へ

(4)車椅子住宅募集

空家の有無を問わず、常時募集しています。申し込みの早い順に空きが出次第、ご案内いたします。

このページの先頭へ

2.1年間の募集と入居までの流れ

6月

例年、第1回目の募集を6月に行います。

  • 新設住宅の募集がある場合は新設か既設か一方のみ申し込みできます。
  • 応募の際に必要な書類等は「申し込みに必要な書類のご説明」のページをご参照ください。

7月~

住宅を紹介する順番を決定し、登録した方にハガキにてお知らせいたします。

  • 以降は実際に空家が出て、順番が来るまでお待ちいただきます。
  • 空家が出次第順番に従ってご連絡します。
  • 斡旋住宅決定後、連帯保証人・敷金の手続きを行い入居資格の再審査を受けます。再審査にて失格となった場合は入居できません。
  • 申込団地・申込内容等に変更があった場合は届け出てください。入居時に申込内容と相違があると失格となることがあります。

10月末

登録された補欠順位が抹消(期限切れ)となります。

11月

例年、第2回目の募集を11月に行います。

  • 6月に応募された方で、住所や家族構成・申込団地の変わらない方は第1回目応募時に「応募継続の申込書」をお渡しいたしますのでこちらを提出してください。
  • 6月に応募したが、住所・申込団地等に変更のある方、または初めて応募される方は、「申し込みに必要な書類のご説明」のページにあります書類を準備いただき応募ください。

12月~

住宅を紹介する順番を改めて決定し、登録した方にハガキにてお知らせいたします。

  • あらためて順番を決定するため、6月から継続応募した方でも順番が上下することがあります。
  • 以降は実際に空家が出て、順番が来るまでお待ちいただきます。
  • 空家が出次第順番に従ってご連絡します。
  • 斡旋住宅決定後、連帯保証人・敷金の手続きを行い入居資格の再審査を受けます。再審査にて失格となった場合は入居できません。
  • 申込団地・申込内容等に変更があった場合は届け出てください。入居時に申込内容と相違があると失格となることがあります。

翌年5月末

登録された補欠順位が抹消(期限切れ)となります。

このページの先頭へ

3.補欠登録順位の決定方法について

補欠登録をした際の登録順位の決定方法は、以下の要素を勘案して点数付けして決定しております。

  1. 現在の収入の状況
  2. 世帯の人員と現在住んでいる部屋の広さ
  3. 現在の世帯構成
  4. 自分の責任以外で住宅の明け渡し請求を受けている
  5. 現在の住宅の状況
  6. その他特殊な事情

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

都市整備部 住宅課 住宅担当

電話番号電話番号:0154-31-4564

ファクス番号ファクス番号:0154-24-0581

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ