平成30年度経営比較分析表

 「経営比較分析表」とは、水道、下水道事業における、経営及び施設の状況を表す経営指標を活用し、経年比較や類似団体との比較、複数の指標を組み合わせた分析を行うことにより、経営の現状及び課題を的確かつ簡明に把握するものです。

 この他にも、今後の見通しや課題への対応、住民等に対する経営状況の説明にも活用できるものと考えております。




水道事業の経営分析について

1 経営の健全性・効率性
 (1)経常収支比率、 (2)累積欠損金比率、 (3)流動比率、 (4)企業債残高対給水収益比率
 (5)料金回収率、 (6)給水原価、 (7)施設利用率、 (8)有収率

2 老朽化の状況
 (1)有形固定資産減価償却率、(2)管路経年化率、(3)管路更新率


このページの先頭へ

工業用水道事業の経営分析について

1 経営の健全性・効率性
 (1)経常収支比率、(2)累積欠損金比率、(3)流動比率、(4)企業債残高対給水収益比率
 (5)料金回収率、(6)給水原価、(7)施設利用率、(8)契約率
2 老朽化の状況
 (1)有形固定資産減価償却率、(2)管路経年化率、(3)管路更新率


このページの先頭へ

下水道事業の経営分析について

1 経営の健全性・効率性
 (1)経常収支比率、(2)累積欠損金比率、(3)流動比率、(4)企業債残高対事業規模比率
 (5)経費回収率、(6)汚水処理原価、(7)施設利用率、(8)水洗化率
2 老朽化の状況
 (1)有形固定資産減価償却率、(2)管渠老朽化率、(3)管渠改善率


このページの先頭へ

経営比較分析表の概要・類似団体一覧等については総務省のホームページをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

上下水道部 経営企画課 経営企画担当

電話番号電話番号:0154-43-2169

ファクス番号ファクス番号:0154-43-0080

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ