春採公園の野鳥

春採公園のすぐ近くに海があり、湖畔は雑木林、草やぶ、湖岸のヨシ原など多様な自然環境に取り囲まれており、海辺の鳥、山野の鳥、湖沼の鳥を観察することができます。
特に、日本で唯一ホシハジロの繁殖が確認されていることで知られています。
マガモ、オオバン、カイツブリなどの水鳥をはじめ、アオジ、コヨシキリ、ノビタキなどの野鳥が繁殖しています。
また、春・秋の渡り鳥の移動の時期には、キンクロハジロ、スズガモなど多くの鳥が立ち寄っていきます。

ホシハジロ(カモ科)

春採湖のカモ類の多くは、夏の間カムチャッカ、シベリアなどの北方の地で生活し、冬鳥として春採湖にやってきます。
ホシハジロは、日本で唯一春採湖が繁殖地であることが知られています。

ホシハジロ

このページの先頭へ

カイツブリ(カイツブリ科)

俗に「八町もぐり」などといわれ、潜水の名手とも言われています。
本州の温暖な所で冬を過ごし、初春、春採湖へやってくる夏鳥です。
夏には微笑ましい子育ての様子が見られることがあります。

カイツブリ

このページの先頭へ

オオバン(クイナ科)

春採湖に夏鳥としてやってくるオオバンは、とても闘争本能が強く、繁殖期には雄同士の激しいバトルが展開されます。体は全身黒色で額の部分だけが白いのでとてもよく目立ちます。ちなみに、額が赤いのはバンです。

このページの先頭へ

野鳥

1年中

  • アカゲラ
  • シジュウカラ
  • ゴジュウカラ
  • ハジブトガラ

このページの先頭へ

主に春~秋

  • カワラヒワ
  • ハクセキレイ
  • コムクドリ
  • エゾセンニュウ
  • ショウドウツバメ
  • コヨシキリ
  • センダイムシクイ
  • オオジュリン
  • ハシブトガラ
  • アオジ
  • ノビタキ
  • オオジシギ

このページの先頭へ

主に冬

  • キレンジャク
  • カケス
  • ツグミ

このページの先頭へ

水辺の鳥

主に春~秋

  • カイツブリ
  • スズガモ
  • バン
  • ホシハジロ
  • マガモ
  • オオバン
  • ウミネコ
  • アジサシ
  • アオサギ

主に冬※結氷前後

  • キンクロハジロ
  • ヒドリガモ
  • コガモ
  • ミコアイサ
  • オナガガモ
  • オオハクチョウ

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

都市整備部 公園緑地課 緑化管理担当

電話番号電話番号:0154-31-4557

ファクス番号ファクス番号:0154-22-4971

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ