春採湖調査会(平成27年度第2回 平成28年2月5日開催)

■会議名■

平成27年度春採湖調査会第2回例会

このページの先頭へ

■開催日時及び開催場所■

平成28年2月5日(金)14:00~15:25
釧路市立博物館1階講堂

このページの先頭へ

■議題■

(1)春採湖の水質状況について
(2)春採湖ウチダザリガニの捕獲について
(3)春採川潮止堰の運用について
(4)その他
  ・春採湖レポート2014について
  ・平成27年度春採湖調査報告書の作成依頼について
  ・第4次春採湖環境保全計画の事務局取扱方針について
  ・春採川根固めブロック設置工事について

このページの先頭へ

■発言要旨■

(調査員)
  議題(1)春採湖の水質状況について、27年度はCODが高い。26年度と比較すると、7~8月のクロロフィルaが高いので、このことが要因と思われる。
(調査員)
  CODとクロロフィルaは関連性があるとのことだが、26年度と27年度のクロロフィルaを比較すると、あまり差がないように見える。
(調査員)
  26年度は夏場に低く、秋(11月)が高い。一般的には日照時間の長い夏場に光合成頻度が高くなって、クロロフィルaが上昇するので、26年度は特殊だったのかもしれない。
(調査員)
  春採湖レポート2014を見ると、26年11月はT-N、T-Pも高い。
(調査員)
  栄養が豊富だと光合成が活発になるので、T-N、T-Pもクロロフィルaと関連深い。湖底には多くの窒素とリンがあり、擾乱作用によって値が高くなる。晴天が続くと爆発的に増える傾向にある。
(顧 問)
  26年11月にクロロフィルaが高い値となった理由は、湖内の擾乱作用によってT-N、T-Pが上昇したことが、1つの要因と考えて良いか。
(調査員)
  その通りである。本来であれば、11月は日照時間が短く、水温も低下するので、クロロフィルaは上昇しない。
(顧 問)
  春採湖レポート2014にも、そういった気象条件を併記すると、よりわかりやすい報告になるのではないか。
(調査員)
  要約の部分には記載してあるので、後程ご確認いただきたい。
(調査員)
  CODの上昇は、塩分躍層にも関係していそうなので、今後は他のデータも参照しながら要因を調べる必要がある。
(調査員)
  議題(2)春採湖ウチダザリガニの捕獲について、近年の捕獲数を見ると、同じような数で推移している。このことから推測すると、生産数と捕獲数が釣り合ってしまい、生息数は減少していないのではないか。
(調査員)
  捕獲数に大きな変動はないが、捕獲個体のサイズが当初よりも小さくなっているので、大型個体は少なくなっていると推測できる。
(顧 問)
  植生は回復しているのか。
(調査員)
  マツモは回復しており、暗い材料ばかりではない。
(調査員)
  議題(3)春採川潮止堰の運用について、高潮の時は、緊急的に堰高調整を行っているのか。
(オブザーバー)
  堰高による調整ではなく、防潮水門でコントロールしている。

このページの先頭へ

■担当課係■

環境保全課自然保護担当

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

市民環境部 環境保全課 自然保護担当

電話番号電話番号:0154-31-4594

ファクス番号ファクス番号:0154-23-4651

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ