平成30年度釧路市ecoライフ促進支援補助金制度について

平成30年度の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
本申請の手順等につきましては下記よりご確認ください。

事業の目的

エネルギーの利用の効率化を促進する設備や再生可能エネルギーを活用する設備を設置する方に、設置費の一部を支援することで、その普及促進を図り、低炭素社会の構築に向けた環境にやさしいまちづくりを目指します。

このページの先頭へ

補助対象設備・補助金額等

補助対象設備等

補助対象設備 設備要件 設置要件
潜熱回収型ガス給湯暖房機 ・潜熱を回収するための熱交換器を備えていること
・寒冷地対応であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
現在、居住している住宅において、新たに設置する場合に限ります。
CO₂冷媒ヒートポンプ給湯機 ・ヒートポンプ技術を利用してお湯を沸かす給湯機のうち、 二酸化炭素を冷媒として使用すること
・寒冷地対応であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
高効率石油給湯機 ・潜熱を回収するための熱交換器を備えている給湯機であること
・寒冷地対応であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
ヒートポンプ式暖房 ・ヒートポンプ式技術を利用した暖房設備であること
【ヒートポンプ式温水暖房システムの場合】
 定格運転時の暖房能力が6.0kW以上であること
【ヒートポンプ式エアコンの場合】
 定格運転時の暖房能力が5.0kW以上であること
・寒冷地対応であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
家庭用燃料電池 ・燃料電池ユニットと貯湯ユニットで構成される燃料電池システムであること
・定格運転時において、発電出力1.0kW未満、貯湯温度50℃以上あること
・貯湯容量140ℓ以上の貯湯タンクを有すること
・寒冷地対応であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
定置用蓄電池 ・常時、太陽光発電と接続するリチウムイオン蓄電池であること
・接続する太陽光発電は、新たに設置するものであること
・蓄電容量が3.0kW以上であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
ガスコジェネレーションシステム ・天然ガス又はLPガスを燃料とし、熱と電気の供給を目的 としたシステムであること
・小出力発電設備(5.0kW未満)であること
・未使用品であること(中古品は対象外)
木質ペレットストーブ ・直接的に暖房に供するもの
・未使用品であること(中古品は対象外)

このページの先頭へ

対象者

以下のすべての要件を満たす方
  1. 市内に居住(店舗等との併用住宅については、その居住部分に居住。)する個人又は釧路市ecoライフ促進支援補助金交付要綱第12条の補助金設置完了報告書提出時までに市内に居住する予定の個人であること。
  2. 別に定める期日までに補助金設置完了報告書を提出できること。
  3. 釧路総合振興局管内(釧路市・釧路町・厚岸町・浜中町・標茶町・弟子屈町・鶴居村・白糠町)に本店、支店、営業所等の事業所を有する事業者から購入する補助対象設備を設置する個人であること。
  4. 別に定める工事着手指定日以降に新たに補助対象設備を設置しようとする者、又は補助対象設備付住宅を購入契約する者であること。
  5. 市税を滞納していない者であること。(市長が特に認める場合を除く。)
  6. 自らを含め同一世帯に、本補助金の補助対象設備において、同一の設備の補助を利用した者がいないこと。
  7. 釧路市暴力団排除条例第2条第2号に指定する暴力団員に該当しないこと。
  ◇ただし、住宅を借りている方で、当該建物の所有者の承諾が得られない方は対象外となります。
  ◇住宅新築工事の場合は工事着手指定日以降に補助対象設備の設置工事をするもの、建売住宅の
    場合は工事着手指定日以降に購入契約を行うものは対象となります。

このページの先頭へ

補助金額

補助対象設備 補助金額 募集件数
潜熱回収型ガス給湯暖房機 30,000円 20件※
CO₂冷媒ヒートポンプ給湯機
高効率石油給湯機
ヒートポンプ式暖房 60,000円 15件
家庭用燃料電池 150,000円 5件
定置用蓄電池 80,000円 10件
ガスコジェネレーションシステム 60,000円 10件

木質ペレットストーブ
 
上限100,000円
ストーブ本体費用の2分の1以内
千円未満切り捨て

2件
 

※潜熱回収型ガス給湯暖房機、CO₂冷媒ヒートポンプ給湯機、高効率石油給湯機で合計20件の募集件数となります。
 

このページの先頭へ

補助申請手続き等について

【申込】

応募が各回の募集件数を超えるときは、抽選により申請者を決定します。

募集期間 完了報告書
提出期限
工事着手
指定日
補助対象設備別募集件数
(1)・(2)・(3) (4) (5) (6) (7) (8)
第1回  終了しました 10月31日 4月1日以降 終了しました
第2回 終了しました 2月28日 7月1日以降 終了しました

 補助対象設備別募集件数の(1)は潜熱回収型ガス給湯暖房機、(2)はCO₂冷媒ヒートポンプ給湯機、(3)高効率石油給湯機、(4)はヒートポンプ式暖房、(5)は家庭用燃料電池、(6)は定置用蓄電池、(7)はガスコジェネレーションシステム、(8)は木質ペレットストーブとなります。(1)、(2)、(3)は合計の件数となります。
 
※ (5)の家庭用燃料電池につきましては、第1回目の申込状況により、第2回目の募集件数を変更しております。

 

【本申請】

  • 申請者決定後、補助金交付申請書に必要書類を添付し、市役所環境保全課へ持参または郵送により提出して下さい。

  • 補助金交付要綱、申請の手引きはページ下部よりダウンロードしてご覧ください。

  • 様式、書式は下の「関連情報」のリンク先からダウンロードしてご利用ください。

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

市民環境部 環境保全課 環境管理担当

電話番号電話番号:0154-31-4535

ファクス番号ファクス番号:0154-23-4651

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ