新型コロナウイルス感染症の影響による国民年金の各種手続きについて(令和3年6月10日更新)

郵送手続きについて


国民年金の加入手続きや保険料の免除申請等、すべての手続きについて、日本年金機構で郵送受付が可能です。

手続きの内容により必要書類が異なりますので、郵送手続きを希望される方は、市役所医療年金課、または釧路年金事務所に電話連絡の上、必要書類を事前に確認してください。

※様式は日本年金機構のホームページからダウンロードできます。
 (以下リンクメニューからもダウンロードできます。)
 
 

郵送による提出先

〒003-8574

日本年金機構 北海道事務センター

※住所を記載しなくても届きます。
 

 

このページの先頭へ

免除制度の活用について


令和2年5月1日から、新型コロナウイルス感染症の影響により、国民年金保険料の納付が困難となった場合の、臨時による特例免除申請の受付手続きが開始されました。
失業や事業の休廃止に至らない場合でも、次に該当する場合、申請により免除・納付猶予となります。

このページの先頭へ

対象者

以下の1および2のいずれも満たす方

1.新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少
 令和2年2月以降に、感染症の影響により業務(業務委託契約等を含む)が失われるなど収入が減少

2.収入の減少により相当程度まで所得低下が見込まれること
 令和2年2月以降の所得状況からみて、当年中に見込まれる所得が、通常の免除等の基準適用相当

※免除・納付猶予申請は連帯納付義務者(配偶者・世帯主)の所得も免除等の審査に影響します。

このページの先頭へ

臨時特例期間

  • 免除・納付猶予申請
   令和元年度分(令和2年2月分から令和2年6月分まで)
   令和2年度分(令和2年7月分から令和3年6月分まで)
   令和3年度分(令和3年7月分から令和4年6月分まで)≪令和3年7月1日受付開始≫
 
  • 学生納付特例
   令和元年度分(令和2年2月分から令和2年3月分まで)
   令和2年度分(令和2年4月分から令和3年3月分まで)
   令和3年度分(令和3年4月分から令和4年3月分まで)

※上記期間中、未納になっている期間が対象です。
※免除申請前に納付した期間は対象となりません。ただし、前納保険料については、免除申請日が属する月以降の月の前納した分は対象となり、保険料はお返しすることとなります。

具体的な手続きについては、日本年金機構ホームページをご覧ください。

このページの先頭へ

問合先

 


釧路市役所
こども保健部医療年金課年金担当

 電話 0154(31)-4532


日本年金機構
釧路年金事務所 国民年金課
(旧 釧路社会保険事務所)

 0154(61)-6000、0154(61)-6001
※音声案内が2回流れます。
  2回とも「2」を選択してください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 医療年金課 年金担当

電話番号電話番号:0154-31-4532

ファクス番号ファクス番号:0154-23-5411

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ