釧路市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等により、特定健康診査および特定保健指導を一時中止する場合があります。

※特定健康診査を受診するにあたり、風邪の症状や37度5分以上の発熱のある方または強い倦怠感や息苦しさのある方は受診するのをお控えください。


 市国保では高齢者の医療の確保に関する法律に基づき、次のとおり「特定健康診査」および「特定保健指導」を実施しています。

特定健康診査(特定健診)

 特定健診では、血糖・血圧・脂質・腎機能などの生活習慣病の項目を検査します。
 生活習慣病は、動脈硬化を引き起こし、血管の中が傷つき硬く変化し、狭くなったりもろくなったりするため、心筋梗塞や脳卒中、慢性腎臓病などの病気につながる原因となります。
 生活習慣病は自覚症状のないことが多いため、気がつかないうちに重症化することもあり、定期的に特定健診を受けて自身の健康状態について正確な知識を持ち、健康管理を続けることが大切です。  
 

対象者

 2021(令和3)年4月1日現在、市国保に加入し、1982(昭和57)年3月31日以前にお生まれの方が対象となります。
 対象者には2021(令和3)年4月20日に特定健診の受診券を一斉に発送しております。
 2021(令和3)年5月6日から2022(令和4)年3月31日の間に1度受診できます。
 通院中または治療中の方につきましても受診することができます。

 ただし、すでに他の保険で特定健診を受けた方、被保険者の資格がなくなった方、妊産婦、長期入院者、障がい者支援施設入所者、老人ホーム入所者、介護保険施設入所者等の法令に定める方は市国保の受診券をご利用できません。

このページの先頭へ

集団健診

 阿寒地域、音別地域では、集団健診を実施します。
 詳細は新聞折り込みチラシまたは下記ページをご確認ください。
 なお、急な中止または延期の場合はホームページやフェイスブック等でお知らせします。
 
別ウインドウで開きます阿寒・音別集団健診

このページの先頭へ

実施場所・機関

 実施場所については、下記「令和3年度特定健康診査実施医療機関一覧」をご覧ください。

別ウインドウで開きます令和3年度特定健康診査実施医療機関一覧
※令和3年5月6日から、実施医療機関にとっとり内科クリニックが追加となりました。

 特定保健指導を実施している医療機関で受診すると、特定保健指導の対象になった場合、同じ医療機関で特定保健指導が受けられます。
 それ以外の医療機関で受診した場合は、市国保が行います。  

 

実施期間

 2021(令和3)年5月6日から2022(令和4)年3月31日まで

 

受診方法

 受診券に記載の特定健診実施医療機関の中から、希望する医療機関に電話で直接連絡して、受診日等を確認してください。
 すぐに受診できない場合がありますので、お早めに連絡してください。
 正確な判断をするため、健診10時間前より、水以外のすべての飲食物を摂取しないでください。ただし、恒常的に薬を服用している方は、医師の指示に従ってください。

釧路市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導-画像

このページの先頭へ

健診基本項目

診察等 問診(質問)
計測 身長
体重
肥満度・BMI
腹囲
理学的所見(身体診察)
血圧
脂質 中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロールまたはNon-HDLコレステロール
肝機能 AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
代謝系 空腹時血糖
HbA1c(NGSP値)
尿酸
血清クレアチニン
血液一般 ヘマトクリット
血色素
赤血球数
尿 尿蛋白
尿糖
心機能 12誘導心電図
眼底検査  

○:必須項目

□:一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施する項目

釧路市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導-画像

このページの先頭へ

健診料

 健診基本項目の健診料は無料となります。
 
 ただし、オプション検査の検査料は有料です。

 

オプション検査項目および自己負担額

 特定健診と一緒に、希望のオプション検査を実施している医療機関にお申し込みください。
 特定健診とオプション検査を別々の医療機関で受診したり、オプション検査だけでの受診はできません。
 また、年度途中に75歳を迎える等後期高齢者医療被保険者となられた方につきましては、オプション検査は受診できませんので、ご了承ください。
特に脳検査、脳脊髄検査につきましては、毎年混み合うとともに、医療機関によっては早い段階で予約がいっぱいになる状況となっておりますので、お早目にご予約ください。

検査項目

検査料

腹部超音波検査

1,750円

脳検査(頸動脈エコー、頭部MRI・MRA)

5,610円

脳脊髄検査(頸動脈エコー、頭部MRI・MRA、頸椎・腰椎MRI)

11,550円

 

持ち物

  • 特定健康診査受診券
  • 国民健康保険被保険者証

診療と特定健診の同時実施

 定期検査の際に受診券を利用すると、診療と同時に特定健診も受けることができます。
 この場合、特定健診基本項目分の費用が無料になります(再診料など特定健診基本項目以外の部分の費用は別途かかります)。
 定期検査の際、受け付け時に受診券を提出してください(予約制となっている医療機関もあります)。
 その他、お問い合わせ等につきましては、ページ下部表記のお問い合わせ先までご連絡ください。
 

診療情報提供受領事業

 市国保の特定健診と同様の検査項目について、定期的に通院し検査(血液・尿検査等)をされている方は、特定健診を受けていなくても、通院時の検査データを医療機関経由で市国保へ提供していただくことにより、特定健診を受けたものとすることができます。
 このことにより、重複して検査をする必要がなくなります。また、その検査データをもとに、保健師・管理栄養士から健康づくりのサポートを受けることができます。
 
 必要な書類や本事業を実施している医療機関等に関するお問い合わせ、受診券を紛失または見当たらない方につきましては、ページ下部表記のお問い合わせ先までご連絡ください。
 
 ぜひ、ご協力よろしくお願いします。  


 診療情報提供の対象となる方は、以下の要件を満たしている方となります。
 
  1. 特定健診未受診および受診予定のない方。
  2. 診療情報提供の実施医療機関に通院され、特定健診項目(尿検査や血液検査等)をすべて検査されている方。  
 実施方法は、以下のとおりです。
 
  1. 診療情報提供依頼書と質問票に記入し、受診券と一緒に医療機関へ提出する。
  2. 医療機関から市国保へ診療情報提供書等を提出する。  
 なお、診療情報提供を行った場合、特定健診とオプション検査は受診できません。
 もし、オプション検査をご希望の場合は、診療情報提供は行わずに、特定健診と一緒にオプション検査を実施している医療機関へお申込みください。
 
 その他、お問い合わせ等につきましては、ページ下部表記のお問い合わせ先までご連絡ください。

 

職場での健診や人間ドックを受診された方へ

 市国保に加入している方で、職場での健診や人間ドックを受診された方につきましては、その健診結果を市国保へ提供していただくことにより、特定健診を受けたものとすることができます。
 このことにより、重複して検査をする必要がなくなります。また、その検査データをもとに、保健師・管理栄養士から健康づくりのサポートを受けることができます。
 申請に必要な書類等につきましては、ページ下部表記のお問い合わせ先までご連絡ください。

 

風しんの抗体検査・予防接種もあわせて受けましょう!

 全対象者は1962(昭和37)年4月2日から1979(昭和54)年4月1日までにお生まれの男性。
 2021(令和3)年度クーポン券対象者は1962(昭和37)年4月2日から1966(昭和41)年4月1日までにお生まれの男性。
 全対象者のうち、クーポン券対象者ではない方で抗体検査などをご希望の場合は、クーポン券を発送しますので、下記までお問い合わせください。
 
【問い合わせ】
 こども保険部健康推進課健康づくり担当 電話番号:0154-31-4524(直通)

 

特定保健指導

 内臓脂肪型肥満に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するために行う保健指導です。対象者が自らの生活習慣における課題を認識して行動を改善し自己管理を行うとともに健康的な生活を維持することができるようになることを通じて、糖尿病等の生活習慣病を予防することを目的としております。
受診者は、健診結果と問診に基づき、生活習慣病の発症リスクなどから次の3つのグループに分けられ、個々人に応じた保健指導が行われます。なお、医療機関への受診の必要がある場合には、「受診勧奨」と通知されます。

 

情報提供

 生活習慣病や健診結果から自らの身体状況を認識するとともに、健康な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、生活習慣を見直すきっかけとなるよう、健診結果の提供にあわせて、個人の生活習慣やその改善に関する基本的な情報が提供されます。

 

動機付け支援

 自らの健康状態を自覚し、生活習慣の改善に係る自主的な取り組みの実施に資することを目的として、自ら目標を設定し行動に移すことができるよう支援を行います。

 

積極的支援

 自らの健康状態を自覚し、生活習慣の改善に係る自主的な取り組みの継続的な実施に資することを目的として、健診結果の改善に向け取り組むべき目標や実践が可能な行動目標を本人が選択し実行できるような支援を行います。

釧路市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導-画像

このページの先頭へ

メタボリックシンドロームとは?

 内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。内臓に脂肪が蓄積した肥満がその発症に起因し、動脈硬化を進行させることがわかってきました。

釧路市国民健康保険の特定健康診査・特定保健指導-画像

このページの先頭へ

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

 2017(平成29)年1月1日より、がん検診や特定健診等を受けた方を対象に「医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)」が始まりました。
 
【関連情報】
 別ウインドウで開きますセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 国民健康保険課 特定健診担当

電話番号電話番号:0154-31-4570

ファクス番号ファクス番号:0154-23-5411

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ