出産育児一時金

 国民健康保険に加入されている方が出産された場合、一児につき出産育児一時金が世帯主に支給されます。
 また、医療機関での窓口負担軽減を目的に、国民健康保険から医療機関に出産育児一時金を直接支払うことができる「直接支払制度」があります。これにより、被保険者は分娩費のうち出産育児一時金を超える額のみ医療機関に支払うことになります。詳細については出産を予定されている医療機関へ直接お問い合わせください。

支給額

出産年月日 産科医療補償制度※ 支給金額
2021(令和3)年12月31日まで 対象とならない分娩 404,000円
対象となる分娩(16,000円を加算) 420,000円
2022(令和4)年1月1日から 対象とならない分娩 408,000円
対象となる分娩(12,000円を加算) 420,000円
※「産科医療補償制度」の詳細は、公益財団法人日本医療機能評価機構のホームページをご覧ください。
 
【関連情報】
 別ウインドウで開きます産科医療補償制度について

このページの先頭へ

申請に必要なもの

  • 国民健康保険出産育児一時金(差額)支給申請書(下記からダウンロードできます)
  • 国民健康保険証
  • 世帯主名義の預金通帳
  • 母子健康手帳(死産・流産の場合は医師の証明書)
  • 直接支払制度利用合意文書(医療機関と取り交わしたもの)
  • 出産費用明細書(医療機関から交付されたもの)
  • 産科医療補償制度登録証(産科医療補償制度に加入する分娩機関で出産された場合のみ)

※「出産費用明細書」に「産科医療補償制度の加算対象出産であることを証するスタンプ」が押印されている場合は「産科医療補償制度登録証」は必要ありません。

このページの先頭へ

申請するところ

  • 国民健康保険課保険担当(市役所防災庁舎2階9番窓口、電話番号:0154-31-4528)
  • 阿寒町行政センター市民課市民サービス担当(電話番号:0154-66-2210)
  • 音別町行政センター市民課市民サービス担当(電話番号:01547-6-2231)

このページの先頭へ

注意点

  • 勤務先の健康保険(扶養の場合を除く)をやめてから6か月以内の出産の場合、以前に加入していた健康保険から、出産育児一時金や出産手当金の支給が受けられる場合があります。この場合、国民健康保険からは出産育児一時金の支給を受けることはできません。
  • 死産や流産であっても、妊娠85日(12週)以上の出産であれば対象となります。
  • 出産された日の翌日から2年以内にお手続きください。

このページの先頭へ

入院助産制度

 経済的な理由等により、病院などで出産が困難な妊産婦を対象に、指定の助産施設での出産費用を援助する制度です。
 詳しくは入院助産のページ(こども支援課こども支援担当)でご確認ください。
 
【関連情報】
 別ウインドウで開きます入院助産について

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 国民健康保険課 保険担当(2)

電話番号電話番号:0154-31-4528

ファクス番号ファクス番号:0154-23-5411

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ