スプレー缶等の排出方法について

 ライター、カセットボンベ、スプレー缶は、中身を使い切ってから、キャップなどにガス抜き機能が付いている製品はそれを活用し、ガス抜き機能が付いていない製品は、穴開け器具を利用するなど、安全な方法で穴を開けてから出してください。

※スプレー缶には、可燃性の噴射剤(LPG及びDME)が使われており、空気中の濃度が低くても引火・爆発する危険性がありますので、ガス抜き作業を行う場合は、必ず火の気のない風通しの良い屋外などで行ってください。

 

※ガス抜き機能が付いているキャップ・ボタン等の使い方及び使用例について、詳しくはリンク先の「一般社団法人日本エアゾール協会チラシ」をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

市民環境部 環境事業課 廃棄物対策担当

電話番号電話番号:0154-31-4551

ファクス番号ファクス番号:0154-24-4145

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ