ごみの野外焼却は禁止です!

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により一部の例外を除き、ごみの焼却は禁止されています。これに違反し、ごみの焼却をした場合、

「5年以下の懲役、1千万円以下の罰金、又はこの併科」

の対象となりますので、ご注意ください。

●平成13年4月1日より法律が改正され、「廃棄物処理基準に従って行う廃棄物の焼却」・「公益上若しくは社会の習慣上やむを得ない廃棄物の焼却」・「周辺地域の環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却」による場合を除き、廃棄物の焼却はしてはならないことになりました。

したがって、石油缶やドラム缶、土管はもちろん簡易焼却炉などを使い、ごみを焼却することは禁止され、違反した場合は上記の罰則の対象となります。

知ってますか?

  • 家庭で使用していた簡易焼却炉は、粗大ごみとして処分できますので、環境事業課(TEL:24-4146)にご連絡ください。
  • 事業所で使用していた焼却炉は、専門の処理業者に処理を依頼してください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

市民環境部 環境事業課 廃棄物対策担当

電話番号電話番号:0154-31-4551

ファクス番号ファクス番号:0154-24-4145

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ