PCBは法律で定められた期限までに処分しなければなりません

PCBとは?

主に業務用の電気機器や照明器具(安定器)に使用されていました。
その後、有害性が判明したため、1977年に製造中止されましたが、今もなお多くの機器が残っていると思われます。

 

このページの先頭へ

PCBは法律で処分期限が定められています!

 ○変圧器・コンデンサー等(高濃度)    令和4年(2022年)3月31日まで
  ※処分期限が近づいています。

 ○安定器・汚染物等(高濃度)        令和5年(2023年)3月31日まで

 ○低濃度(濃度が一定以下のもの)    令和9年(2027年)3月31日まで



これらの期限までに処理委託を行わない場合には、命令・罰則の対象となります。
 

このページの先頭へ

早めの準備をお願いします

現在使用中の機器も廃棄して処分を委託する必要があるため、計画的に廃棄・処分
してください。


 

このページの先頭へ

対象機器の調査方法や処理方法等は?

環境省のホームページをご覧ください。

【PCB早期処理情報サイト】http://pcb-soukishori.env.go.jp


 

このページの先頭へ

本ページにはビューワソフトが必要なコンテンツが含まれています。

別ウインドウで開きますAdobe Readerのダウンロードはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

北海道環境生活部環境局循環型社会推進課大気環境係

電話番号電話番号:011-204-5192(直通)

このページの先頭へ