野のはな園

発達の遅れや障がいのあるお子さんに対し、日常生活において基礎となる人との関わり、興味や関心の広がり、お友達との集団生活などの経験をとおし、健やかに成長するための支援を行っています。
児童発達支援の支給決定を受けているお子さんが対象となり、所得に応じて国が定めた基準によって費用がかかります。



 


単独通園クラス

発達の遅れや障がいのある、3歳から就学前のお子さんを対象に療育の支援を行っています。
お子さんの状態に合わせたクラス編成で、個別指導も実施しています。 また、給食やバスでの送迎があります。

 
一日の流れ 

時間 日程 内容
9時00分 通園バス出発 児童発達支援センターからバスでお迎えします。
(保護者が送迎することもできます)
10時00分 バス到着 持ち物の整理、排泄、朝の会
10時30分 クラスごとに保育 関わりあそび・運動あそび・素材あそびなど、あとかたづけ、
排泄、手洗い、給食準備
12時00分 給食 食事、あとかたづけ、歯みがき、自由あそび
13時00分 クラスごとに保育 個別指導、集団あそびなど
13時40分 降園準備 あとかたづけ、排泄、帰りの会
14時10分 通園バス出発 児童発達支援センターからバスで送ります。
(保護者が送迎することもできます)

このページの先頭へ

親子通園クラス

運動・精神面の発達支援が必要な1歳から就学前のお子さんを対象に、保護者と一緒に通園をし、理学療法士・作業療法士による運動指導と保育をとおした支援を行っています。
 
  • 利用時間は月曜日から金曜日の8時50分から17時20分です。
  • 給食があります。(2歳から)
  • 個別指導も実施しています。
  • 通園バスの利用ができます。
  • 一緒に通園する兄弟姉妹の託児があります。
  • 嘱託の小児科、整形外科医の診察を受けることができます。

 
一日の流れ

1歳 2歳から5歳児
  • 個別保育(30分)

     
     

  • 自由あそび

10時00分  朝の会
         集団保育
12時00分  給食
13時00分  集団保育
14時10分  降園

  他に母子分離保育があります

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 児童発達支援センター 野のはな園

電話番号電話番号:0154-44-1022

ファクス番号ファクス番号:0154-41-1180

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ