認可保育園に入るには?

保育所について

 保育所は、就労等のために家庭で保育することのできない児童を、保護者に代わり、保育をすることを目的とする児童福祉施設です。
 保育所の利用に当たっては、子どもの保護者が市町村に申請し、保育の必要性の認定を受けた上で、保育を受ける必要性の高い方から優先して希望の保育所・認定こども園(2号3号)・家庭的保育事業・小規模保育事業を利用できることになります。
 なお、利用する保育所等については、申請者の希望や保育所等の利用状況などに基づき、市町村が利用調整を行うこととなります。
 
   

このページの先頭へ

保育の必要性の認定について

 保育の必要性の認定は、「保育が必要な事由」と「保育必要量」について行います。このうち、「保育必要量」の認定は、保育の利用が可能な時間について、保育標準時間(1日当たり11時間まで)又は保育短時間(1日当たり8時間まで)の区分を認定するものとなり、認定には、「有効期間」が設定されます。
 保育が必要な事由、保育必要量(利用可能時間)、認定の有効期間の認定基準は保育の必要性の認定基準を参照してください。
 

このページの先頭へ

保育の必要性の認定区分

 保育の必要性の認定は、満3歳以上のお子さんの場合は「2号認定」、満3歳未満のお子さんの場合は「3号認定」となり、年齢により区分されることになります。
 なお、3号認定を受けているお子さんが満3歳になったときには、2号認定に変更になりますが、改めて保育の必要性の認定申請をする必要はありません。
 また、「1号認定」とは、満3歳以上で、施設型給付を受ける幼稚園等での教育のみを希望される場合に受ける認定です。

このページの先頭へ

保育の必要性の認定基準

保育が必要な事由や必要量、有効期間の基準は下記のとおりです。
 

1 保育が必要な事由 2 保育必要量
(利用可能時間)
3 認定の有効期間
番号 保護者が次のいずれかに該当すること
1月において、48時間以上労働することを常態とすること ア 1月の就労時間が120時間程度以上又は1日の就労時間が8時間以上の場合は、保育標準時間
イ アに該当しない場合は、保育短時間
子どもの小学校就学前まで
妊娠中であるか又は出産後間がないこと 保育標準時間 出産日から起算して8週間を経過する日の翌日が属する月の末日(同日前に子どもが小学校に就学する場合は小学校就学前)まで
疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障がいを有していること 疾病、負傷又は障がいの程度及び家庭の状況等を勘案して保育標準時間又は保育短時間の区分を認定 子どもの小学校就学前まで
同居の親族(長期入院等の親族を含む。)を常時介護又は看護していること 1月又は1日の介護又は看護に要する時間により、1(就労)の場合に準じて認定 子どもの小学校就学前まで
震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること 保育標準時間 子どもの小学校就学前まで
求職活動(起業の準備を含む。)を継続的に行っていること 求職活動等の状況及び家庭の状況等を勘案して保育標準時間又は保育短時間の区分を認定 認定の効力発生日から起算して90日を経過する日が属する月の末日(同日前に子どもが小学校に就学する場合は小学校就学前)まで
学校、専修学校、各種学校その他これらに準ずる教育施設に在学していること 1月又は1日の就学又は職業訓練等に要する時間により、1(就労)の場合に準じて認定 保護者の卒業予定日又は修了予定日が属する月の末日(同日前に子どもが小学校に就学する場合は小学校就学前)まで
職業訓練等を受けていること
児童虐待を行っている又は再び行われるおそれがあると認められること 保育標準時間 子どもの小学校就学前まで
配偶者からの暴力により子どもの保育を行うことが困難であると認められること
育児休業取得時に既に保育を利用している子どもがおり、育児休業の間に引き続き保育の利用が必要であると認められること 育児休業取得後も引き続き保育の利用が必要と認めた事情及び家庭の状況等を勘案して保育標準時間又は保育短時間の区分を認定 育児休業期間が終了する日の属する月の末日(同日前に子どもが小学校に就学する場合は小学校就学前)まで
10 当該事由に類するものとして市が認める事由に該当すること 当該事由に該当するものとして認めた事情を勘案して上記に準じて認定 当該事由に該当するものとして認めた事情を勘案して上記に準じて定める期間

このページの先頭へ

保育の必要な時間に応じた区分

 2号認定または3号認定を受ける方は、保育の必要量によって、さらに「保育標準時間」と「保育短時間」のそれぞれの利用区分に区分されます。
  (A)保育標準時間(1日当たり11時間:主にフルタイム就労の方)
   「保育標準時間」に認定された方の施設利用可能時間は、11時間です。
   保育を必要とする事由が保護者の就労の場合、概ね月120時間以上の就労時間の方が認定されます。
  (B)保育短時間(1日当たり8時間:主にパートタイム就労の方)
   「保育短時間」に認定された方の施設利用可能時間は、8時間です。
   保育を必要とする事由が保護者の就労の場合、月48時間以上から概ね月120時間未満の就労時間の方が認定されます。

このページの先頭へ

入所の手続き

必要な書類

 保育所への入所を希望される方は、ご家庭の状況等によって必要な書類が異なりますので、事前に釧路市役所こども育成課、各認可保育所・認定こども園で必要な用紙をもらい課税関係の書類等を添えて提出してください。
  • 保育の必要性の認定申請書兼保育所入所申込書(釧路市の様式)
  • お子さんの状況について(釧路市の様式)
  • 添付書類
    ・ご家庭で保育できないことに関する書類
     勤務証明書、事業稼働申告書、在学証明書、母子手帳、診断書等
    ・保育料を決めるための書類
     前年度市町村民税課税証明書(納付書または税額通知書)
     生活保護受給証明書等
    ・その他
     身障手帳、療育手帳等の写し等
 申込書はこちらのページからダウンロードできます(必要な書類につきましては、釧路市役所こども育成課、各認可保育所・認定こども園へお問い合わせ下さい)。

このページの先頭へ

申込書の提出先

 保育所の入所申込は、釧路市役所こども育成課保育担当、各認可保育園で受付けます。
 年度途中の入所を希望される方は、通常毎月1日からの入所となりますので、入所希望月の前月20日までに提出してください。
 新年度からの入所を希望される方は、12月の広報くしろに用紙の交付期間、受付期間について掲載されますので、ご確認ください。

このページの先頭へ

入所の期間

  • 保育所の入所期間は、保育の必要性の認定期間(最大で、小学校へ入学する年の3月末日)までとなります。
  • 保育所の入所期間中は、毎年度、入所申込書を提出する必要はありませんが、保育の必要性が継続されていることを証明する書類等は提出していただきます。
  • 就労状況や世帯構成、世帯の市民税額の変更など、家庭状況に変更があったときは、すみやかに届出をしてください。なお、家庭状況の変更により保育の必要性の認定内容や保育料を変更することがあります。
  • 保育の必要性がなくなったときは、認定を取り消すとともに、保育所を退所していただくことになります。
  • 必要により、提出された勤務証明書等の内容について、こども育成課から勤務先に確認をすることがありますのでご承知ください。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 こども育成課 保育担当

電話番号電話番号:0154-31-4541

ファクス番号ファクス番号:0154-22-5674

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ