A群溶血性レンサ球菌咽頭炎について

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とは

 A群溶血性レンサ球菌喉頭炎とは、高熱・咽頭痛・おう吐を主症状とする細菌性の感染症です。
典型的には、2~5日の潜伏期間の後、突然38度以上の発熱、咽頭痛、リンパ節の腫れ、おう吐などが見られます。熱は3~5日以内に下がり、1週間以内に症状は改善します。
まれに重症化し、喉や舌、全身に発赤が広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行することがあります。合併症には肺炎、髄膜炎、敗血症、リウマチ熱、急性糸球体腎炎などがあります。

このページの先頭へ

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎を予防するには

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防には、手洗い・うがいやマスクの着用等が有効です。
咽頭痛がある場合には早めに医療機関等を受診し、溶血性レンサ球菌の感染を確認する検査を受けましょう。

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4524

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ