新型コロナウイルス感染症に係わる新たな集団感染事例の発生について(令和3年2月16日掲載)

釧路総合振興局管内釧路市の「外国人のための職業訓練施設」と、「くしろバス株式会社」において、
新型コロナウイルス感染症に係わる新たな集団感染事例が確認されましたので、
お知らせいたします。


 

(1)外国人のための職業研修施設


【集団感染発覚の経緯】

釧路総合振興局管内釧路市の「外国人のための職業研修施設」の研修生7名が
2月10日(水)に陽性と判明。
これを受け、同施設の職員及び研修生等について随時PCR検査を実施しているところ
ですが、陽性者の行動歴などから、北海道が総合的に判断し、集団感染事例となりました。
 

【感染者の状況(2月12日現在)】


・ 感染者数      7人
・ 現状          無症状
・ 感染者の年代   10歳代~20歳代
・ 感染者の内訳   研修生7人

【その他、現在までの調査結果】


・ PCR検査数 ~ 実施済み 71人
・ 発生場所において実施していた感染防止策
  職員及び研修生の毎日の健康確認、マスク着用の徹底、体調不良者の報告、施設内の
 消毒

 

このページの先頭へ

(2)くしろバス株式会社


【集団感染発覚の経緯】

釧路総合振興局管内釧路市の「くしろバス株式会社」の職員が2月13日(土)に陽性と判明。
これを受け、同社の職員について順次PCR検査を実施したところ、これまでに9人の陽性者が
確認され、陽性者の行動歴などから、北海道が総合的に判断し集団感染事例となりました。
 

【感染者の状況(2月16日現在)】


・ 感染者数      9人
・ 現状          無症状、軽症
・ 感染者の年代   40歳代~60歳代
・ 感染者の内訳   職員(乗務員)9人


【その他、現在までの調査結果】


・ PCR検査数 ~ 実施済み 106人
・ 発生場所において実施していた感染防止策
  職員の健康確認・マスク着用、事務室等の定期的な換気、バス車内に手指消毒液を設置、
 乗務員と乗客の間にビニールカーテン等を設置

 

このページの先頭へ



☆ 北海道においては国内で緊急事態宣言が発令されている3月7日(日)までの間を、
  集中対策期間としています。
   市民の皆様には、これまでにも感染対策にたいへんご協力いただいておりますが、引き続き、
  感染リスクを回避する行動の徹底について、よろしくお願いいたします。

 

感染リスクが高まる「5つの場面」に気をつけましょう






 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4524

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ