止めよう!コロナ差別!!(令和3年3月23日掲載)

釧路市において、新型コロナウイルスの感染に関し、高校生へ「バスに乗るな」「コロナが歩いている」などと心無い言葉をかけたり、「あのお店の人らしい」とうわさを広めるなど、偏見・差別が起きています。

そのことで、傷ついている人がいます。

このような人権侵害はいかなる場合もあってはなりません。
新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染しうる感染症です。
市民のみなさまは、いまいちど、冷静に正しい情報にもとづき行動するようお願いします。

そして、今こそ思いやりの心を持って、この新型コロナウイルス感染症に負けない釧路市を目指しましょう。

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました!

新型インフルエンザ等対策特別措置法等を一部改正する法律が令和3年2月13日に施行されました。

特措法改正では、感染者やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、
差別的な取扱いを受けることのないよう、偏見や差別を防止するための規定が設けられました!



リーフレット(全4ページ) PDFファイル

 

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

こども保健部 健康推進課 健康づくり担当

電話番号電話番号:0154-31-4525

ファクス番号ファクス番号:0154-31-4601

お問い合わせフォーム別ウインドウで開きますお問い合わせフォームへ

このページの先頭へ